2020年07月04日

おうちで見られる三宅島のいきもの43「ウミガメの仲間」

三宅島に観光に来る方に人気の生き物がウミガメ。
季節を問わず海を眺めているとよく見かけます。

その名前のとおり海に生息するカメですが、
呼吸をしに海面に上がってくるところを地上から観察できます。

三宅島で観察できるのはほとんどアオウミガメです。
島の方に聞くと2000年噴火以前はこんなにいなかったとのことです。
アオウミガメにとって生活しやすい環境になっているのでしょう。

もちろん海に潜ってもアオウミガメを観察することができます。
ダイビングだけではなくシュノーケルでも観察でき、
時には長太郎池や釜方海岸、土方海岸などの潮だまりでも
観察できます。

また、三宅島ではウミガメの産卵も行われています。
昔は温帯種であるアカウミガメが産卵していたようですが、
近年はより南方種であるアオウミガメの産卵が多くなっています。
アオウミガメがたくさん見られる事、産卵が増えていることなど
海水温の上昇が関連しているのかもしれません。

ウミガメの産卵については島内の自然ガイドが中心となって
調査を行っています。これから9月くらいまでが産卵期。
海辺でキャタピラーが通ったような跡を見かけたら
アカコッコ館までお知らせください。

ウミガメの産卵調査はアカコッコ館で発行している
調査報告書「ミヤケンシス」に掲載されています。
無料でお分けできますので興味のある方はお問合せ下さい。

umigame01.jpg
陸上からの観察は島の東側(釜方海岸、三池浜、サタドー岬など)がおススメ

umigame02.jpg
釜方海岸の潮だまりにいたアオウミガメ

umigame03.jpg

umigame04.jpg
このような足跡があればアカコッコ館までお知らせください


〇アオウミガメ
カメ目ウミガメ科
甲長:80〜100cm
英名:Green turtle
主な食べ物:海草や藻
絶滅危惧II類

〇アカウミガメ
カメ目ウミガメ科
甲長:70〜90cm
英名:Loggerhead turtle
主な食べ物:エビやカニ
絶滅危惧IB類
posted by akakokko at 16:00| おうちで見られる三宅島の生き物たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする