2020年06月30日

おうちで見られる三宅島の生き物39「シロソウメンタケ」

林などの地面の上に生える白い棒状の生き物。
こちらは「シロソウメンタケ」というキノコの仲間です。
地面からにょろっと生える姿は、某アニメのキャラクターを連想してしまいますね。

しかし、キノコなので動きはなく、大きさは10cm程度と小さいため、注意して探さないと見落としてしまいます。
素麺と名前がついていますが、そこまで長くなく、モヤシの方がしっくりとくる気がします。

キノコというとシイタケやシメジのように、傘がある形をイメージする人が多いと思いますが、中にはこのキノコのように面白い形をしたものもあります。

ジメっとした日が続きますが、その分面白いキノコも生えています。
皆さんの回りにも、変わった形のキノコがあるかもしれませんよ。

IMG_1617.JPG
地面の上を何本かまとまって生える

IMG_1616.JPG
肉質はもろく壊れやすい

〇シロソウメンタケ (白素麺茸)
ハラタケ目シロソウメンタケ科
大きさ:3〜12cm
posted by akakokko at 16:25| おうちで見られる三宅島の生き物たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする