2019年07月28日

野鳥リスト(2019年7月21〜27日)

◎2019年7月21〜27日に三宅島および近海で確認した野鳥(28種)
カラスバト、キジバト、オオミズナギドリ、ホトトギス、アマツバメ、キアシシギ、イソシギ、ウミネコ、ミサゴ、トビ、コゲラ、ハシブトガラス、ヤマガラ、シジュウカラ、ツバメ、ヒヨドリ、ウグイス、イイジマムシクイ、メジロ、ウチヤマセンニュウ、ミソサザイ、アカコッコ、コマドリ、イソヒヨドリ、スズメ、カワラヒワ、ホオジロ、コジュケイ
posted by akakokko at 09:29| 野鳥リスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月26日

夜の森の生きものたち

日中、セミの鳴き声で賑わう森の中ですが、日が暮れると昼とは違う生きものたちが活動を始めます。

アカコッコ館の周りでは、そんな生きものたちを見ることができます。
建物や草木の間を注意して見ると、コガネグモなどのクモが見つかりました。
P1090745.JPG

足元の草の上を注意深く探してみると、木の枝そっくりなトゲナナフシや
P1090767.JPG

小さなヒナカマキリの姿が。
P1090746.JPG

森の奥の方では、アオバズクの「ホホッ、ホホッ…」という鳴き声が響き渡り、
木々の間からは満天の星空が広がっていました。

アカコッコ館では、8月10日(土)、17日(土)に「夜の森ウォッチング」を開催します。普段目にすることができない、夜の森に活動する生きものたちを一緒に観察しませんか。(S)
yorunomori2019.jpg
posted by akakokko at 15:54| 自然情報トピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月22日

ぞくぞくとやって来ました。

暑い日が続きます。そんな時は海が一番ですね。
三宅島でも安全な海水浴を楽しめるように
各海水浴場にライフガードの方が来てくれています。

さて、海の中では南の海生まれて、
黒潮に乗ってやってきた熱帯魚の赤ちゃん(季節来遊漁)が
ぞくぞくやってきています。

釜方海岸の潮だまりでは……

P7140823.jpg

P7140829.jpg
オキナワスズメダイやネズスズメダイ。

P7140819.jpg

P7140801.jpg
カガミチョウチョウウオにチョウハン


P7140812.jpg
アカハチハゼなど。


長太郎池では……

季節来遊魚ではありませんが、
アカコッコ館で行っている調査では初記録となるメガネゴンベや噴火以降では初となるミツボシクロスズメダイなども観察できています。

P7160903.jpg

P7160954.jpg


アカコッコ館では夏休みシーズンに合わせて海のイベント盛りだくさん。
この機会に海水魚や海の生き物をじっくり観察してみませんか。(N)

釜方海岸磯遊び・・・ヤドカリやカニを中心に海の生き物観察を行います。(要予約)
isoasobi2019.jpg

長太郎池おさかな教室・・・予約不要。開催時間中、いつでもお越しください。
osakana2019.jpg







posted by akakokko at 16:19| 自然情報トピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月21日

野鳥リスト(2019年7月14〜20日)

◎2019年7月14〜20日に三宅島および近海で確認した野鳥(28種)
カラスバト、キジバト、オオミズナギドリ、ダイサギ、ホトトギス、アマツバメ、イソシギ、ウミネコ、トビ、コゲラ、モズ、ハシブトガラス、ヤマガラ、シジュウカラ、ツバメ、ヒヨドリ、ウグイス、イイジマムシクイ、メジロ、ウチヤマセンニュウ、ミソサザイ、アカコッコ、コマドリ、イソヒヨドリ、スズメ、カワラヒワ、ホオジロ、コジュケイ
posted by akakokko at 09:48| 野鳥リスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月19日

タマアジサイが咲きました

三宅島にはガクアジサイとタマアジサイの2種類のアジサイが咲きます。
ガクアジサイは4月下旬から咲き始め、今では島の至る所で花を見ることができます。
しかし、もうそろそろ終わりの季節のため、徐々に散り始めています。
s_IMG_8615.JPG

一方タマアジサイは夏の花。これから咲き始めます。
先日、大路池を歩いていると、早くも咲いている株を見つけました。
s_IMG_8614.JPG
周りには名前の由来にもなっている、玉のようなつぼみがあります。
s_IMG_6696.JPG

あともう少しでガクアジサイとタマアジサイの花がみられることでしょう。
花の咲く時期だけでなく、葉っぱの手触りや花の付き方などが違います。
この2種類を見かけたら、違いを比べてみてはいかがでしょうか。(S)

posted by akakokko at 13:55| 自然情報トピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月14日

野鳥リスト(2019年7月7〜13日)

◎2019年7月7〜13日に三宅島および近海で確認した野鳥(28種)
カラスバト、キジバト、ダイサギ、ホトトギス、アマツバメ、タカブシギ、イソシギ、ウミネコ、アオバズク、コゲラ、モズ、ハシブトガラス、ヤマガラ、シジュウカラ、ツバメ、ヒヨドリ、ウグイス、イイジマムシクイ、メジロ、ウチヤマセンニュウ、ミソサザイ、アカコッコ、コマドリ、イソヒヨドリ、スズメ、カワラヒワ、ホオジロ、コジュケイ
posted by akakokko at 09:16| 野鳥リスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月13日

秋の渡りが始まりました

まだ梅雨も明けず、本格的な夏まではもう少しとという気分ですが、
もう鳥の世界では秋の渡りが始まったようです。

IMGP6977.jpg
今朝、釜方海岸で出会ったのはタカブシギ。
シギの仲間は春と秋の渡りの時期によく出会います。

例年は7月下旬から8月上旬に一番最初のシギの仲間が
やってくることが多いので、今期は少し早めの来島でしょうか。

気の早い1羽なのか、それとも続々続くのか
すこし気になるところですね(N)
posted by akakokko at 12:03| 自然情報トピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月09日

セミが鳴き始めました

しばらく雨の日が続いていた三宅島ですが、昨日は一時晴れ間も見えた曇りの日でした。
夕方には久しぶりにニイニイゼミの鳴き声を聞きました。

今年アカコッコ館では、ニイニイゼミは6月27日から、ツクツクホウシは6月26日に鳴き声を聞いています。

過去のデータを見てみると、例年6月20日を過ぎた頃に、どちらのセミも記録されていました。
三宅島に生息するセミは、ヒグラシを加えた3種類が主な種です。
ヒグラシは例年7月中旬頃から記録されているため、もうそろそろ鳴き声が聞こえるかもしれません。

今はまだ数は少ないけど、そのうちセミたちの鳴き声でにぎわう、夏らしい日がやってくることでしょう。(S)

s_IMG_6773.JPG
写真は2018年7月29日に撮影
posted by akakokko at 10:14| 自然情報トピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月07日

野鳥リスト(2019年6月30日〜7月6日)

◎2019年6月30〜7月6日に三宅島および近海で確認した野鳥(22種)
カラスバト、キジバト、ダイサギ、ホトトギス、アマツバメ、コゲラ、ハシブトガラス、ヤマガラ、シジュウカラ、ツバメ、ヒヨドリ、ウグイス、イイジマムシクイ、メジロ、ウチヤマセンニュウ、ミソサザイ、アカコッコ、コマドリ、イソヒヨドリ、スズメ、カワラヒワ、コジュケイ
posted by akakokko at 09:53| 野鳥リスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月03日

カラスバトを見るなら今がチャンス!

IMGP6327.jpg

三宅島の野鳥の中で「声はすれども姿は見れず…」といえば
カラスバトがまず最初に上がるでしょうか

警戒心が強く、うっそうとした森にいるため
葉に隠れて見えないことがその要因です。

でも好物のタブノキの実が熟している今の季節は
警戒心よりも食欲が勝るのか、
タブノキに集まってその実を食べているところを
比較的簡単に観察することができます。

IMGP6896.jpg
熟したタブノキの実

都道沿いなど明るいところにも出てくるので、
島の人からも、「初めてカラスバトを見た」と
お知らせをいただくのも、この時期が多いです。

1年の中でも1番カラスバトを観察しやすいといっても良いこの時期、ぜひ観察にチャレンジしてみてはいかがでしょうか(N)
posted by akakokko at 11:25| 自然情報トピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする