2017年11月28日

野鳥リスト(11月21日〜11月27日)

西風が強くなり、冬らしい気候になってきました。
ツグミが初認されました。
ほかにもウソやマヒワなど、冬の小鳥たちが目立つようになってきました。

s-DSC_3742_00002.jpg
カマキリをつかむチョウゲンボウ。
先週かなり冷え込んだため、昆虫の姿はあまり見かけなくなりましたが、
まだ大きなカマキリがいたのですね。

◎2017年11月21日〜11月27日に三宅島および近海で確認した野鳥(46種)
ヒドリガモ、ハシビロガモ、ホシハジロ、ハジロカイツブリ、キジバト、オオミズナギドリ、カツオドリ、ウミウ、ヒメウ、アオサギ、オオバン、イソシギ、ミサゴ、ハイタカ、オオタカ、ノスリ、アオバズク、カワセミ、コゲラ、チョウゲンボウ、モズ、ハシブトガラス、ヤマガラ、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、メジロ、ミソサザイ、アカコッコ、ツグミ、コマドリ、ルリビタキ、ジョウビタキ、イソヒヨドリ、スズメ、キセキレイ、ハクセキレイ、タヒバリ、アトリ、カワラヒワ、マヒワ、ウソ、シメ、ホオジロ、アオジ、コジュケイ
posted by akakokko at 14:16| 野鳥リスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月21日

野鳥リスト(11月14日〜11月20日)

一気に冷え込んだ一週間。
ウソが16日に、ルリビタキが18日に初認されました。ウソはアカコッコ館の観察コーナーにも現れました。

◎2017年11月14日〜11月20日に三宅島および近海で確認した野鳥(37種)
コガモ、ハジロカイツブリ、カラスバト、キジバト、オオミズナギドリ、カツオドリ、ウミウ、アオサギ、クロサギ、オオバン、イソシギ、ミサゴ、ハイタカ、オオタカ、ノスリ、カワセミ、コゲラ、チョウゲンボウ、ハヤブサ、モズ、ハシブトガラス、ヤマガラ、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、ミソサザイ、ムクドリ、アカコッコ、コマドリ、ルリビタキ、イソヒヨドリ、スズメ、キセキレイ、ハクセキレイ、ビンズイ、カワラヒワ、ウソ
posted by akakokko at 15:46| 野鳥リスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

産業祭に出展しました。

今年も三宅島産業祭に出展しました。
s-P1080672.jpg
雨で足元が悪い中、アカコッコ館ブースにもたくさんの人に足を運んでいただきました。

今回はアカコッコの現状や「アカコッコの島復活大作戦」と題した、庭や畑でもできるアカコッコを増やす方法について紹介しました。

アカコッコがエサとなるミミズなどの虫をとりやすくすなるよう

・庭では・・落ち葉を掻きすぎない、草取りはこまめにする
・畑や森では・・ササなどをこまめに刈って地面が見える場所を増やし、
刈ったササなどは積んでおく(ミミズのエサのなるため)

など、ちょっとしたことに気を付けるだけで、アカコッコが暮らしやすい環境を作ることができます。
ぜひ、実践してみてください。

また、アカコッコ館の楽しみ方や自然ガイドによるウミガメ保護活動などについても紹介しました。

s-P1080669.jpg
アカコッコぬりえや折り紙など、子どもが楽しめるコーナーもあり、
子どもたちでにぎわっていました。

ブースに足を運んで下さった皆様、ありがとうございました。K

posted by akakokko at 15:36| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月16日

2016年度アカコッコ館 研究・事業報告書(Miyakensis)を発行しました。

P1080668.jpg

Miyakensis(ミヤケンシス)は、だれでも気軽に
三宅島の自然についての報告ができる場として
開館当初から発行されてきました。
今号はアカコッコの個体数調査報告、
新たに三宅島で記録された野鳥の報告、
海水魚、ウミガメ、サンゴなどの調査報告や
イベント報告も収録しています。
学生の研究報告も掲載してあります。

三宅島をもっと知りたい人へおすすめの一冊です。
こちらから目次をご覧になれます。
↓↓↓
vol20mokuji.pdf
ご希望の方に無料配布を行っています。
※郵送の場合、送料を実費にてご負担お願いいたします※
posted by akakokko at 11:58| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月14日

大路池水鳥スポット観察会を行いました。

今年も大路池水鳥観察会を行いました。
今年はオオバン以外の水鳥が少な目でしたが、
オオバンはかなり近くで水草をとる様子などが見られました。

s-P1080656.jpg

s-P1080661.jpg

上空ではノスリが一度に3羽も現れたりと、タカのなかまもよく見られました。K
posted by akakokko at 11:59| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

野鳥リスト(11月8日〜11月13日)

マヒワが初認されました。
大路池ではノスリの姿が目立ちます。2、3羽同時に見られることも珍しくありません。

s-DSC_3577_00001.jpg
オオタカも見られました。
カラスが騒いでいる時はオオタカがいる可能性が大です。

◎2017年11月8日〜11月13日に三宅島および近海で確認した野鳥
(42種)
ヒドリガモ、オナガガモ、コガモ、カイツブリ、カラスバト、キジバト、カツオドリ、ウミウ、アオサギ、バン、オオバン、タゲリ、イソシギ、ミサゴ、ハイタカ、オオタカ、ノスリ、アオバズク、カワセミ、コゲラ、チョウゲンボウ、ハヤブサ、モズ、ハシブトガラス、ヤマガラ、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、メジロ、ミソサザイ、アカコッコ、コマドリ、ジョウビタキ、イソヒヨドリ、スズメ、ハクセキレイ、タヒバリ、アトリ、カワラヒワ、マヒワ、ホオジロ
posted by akakokko at 11:29| 野鳥リスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月08日

空を見上げてみると。

hayabusa.jpg

このところタカの仲間やハヤブサの仲間がよく見られています。
海岸や草原、校庭の上や池の上空などでも。

nosuri.jpg
大路池上空でノスリ。一番多いタカの仲間です。

tobi_tumi.jpg
トビ(左)とツミ(右)。ツミはハトよりも小さなタカ。

カラスより大きいものやハトよりも小さいもの、
黒っぽいものや茶色っぽいもの、白っぽいもの。その種類も様々です。

haitaka.jpg
雄山上空でハイタカ。

misago.jpg
海岸ではミサゴ。魚を捕まえているのが分かりますか?

タカやハヤブサと聞くとなかなか見られないと思う方も
多いと思いますが、この時期、案外簡単に見ることができます。

空を見上げてすこし探してみませんか(N)
posted by akakokko at 14:07| 自然情報トピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

野鳥リスト(10月31日〜11月7日)

猛禽類の姿をよく見るようになりました。大路池ではオオバンが100羽前後見られています。
海辺ではカツオドリよく見ました。
s-katu.jpg

◎2017年10月31日〜11月7日に三宅島および近海で確認した野鳥
(51種)
オシドリ、ヒドリガモ、オナガガモ、コガモ、ホシハジロ、カイツブリ、カラスバト、キジバト、カツオドリ、ミゾゴイ、アオサギ、ダイサギ、クロサギ、オオバン、タゲリ、ムナグロ、イソシギ、ミサゴ、トビ、ツミ、ハイタカ、オオタカ、ノスリ、カワセミ、コゲラ、ハヤブサ、モズ、ミヤマガラス、ハシブトガラス、ヤマガラ、シジュウカラ、ツバメ、イワツバメ、ヒヨドリ、ウグイス、メジロ、ミソサザイ、ムクドリ、アカコッコ、コマドリ、ジョウビタキ、ノビタキ、イソヒヨドリ、スズメ、キセキレイ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、タヒバリ、カワラヒワ、ホオジロ、コジュケイ
posted by akakokko at 11:50| 野鳥リスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする