2021年09月12日

野鳥リスト(2021年9月1〜11日)

◎2021年9月1〜11日に三宅島および近海で確認した野鳥(39種)
カラスバト、キジバト、オオミズナギドリ、ウミウ、クロサギ、アマツバメ、ムナグロ、メダイチドリ、セイタカシギ、チュウシャクシギ、タカブシギ、キアシシギ、イソシギ、キョウジョシギ、トウネン、クロハラアジサシ、トビ、オオタカ、アオバズク、カワセミ、コゲラ、モズ、ハシブトガラス、ヤマガラ、シジュウカラ、ツバメ、ヒヨドリ、ウグイス、イイジマムシクイ、メジロ、ウチヤマセンニュウ、ミソサザイ、アカコッコ、コマドリ、イソヒヨドリ、スズメ、カワラヒワ、ホオジロ、コジュケイ
posted by akakokko at 14:17| 野鳥リスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月10日

おうちで見られる三宅島の生き物100「セイタカシギ」

今回はスマートな体型の野鳥「セイタカシギ」です。
こちらも前回のキョウジョシギと同じく春と秋に見られる野鳥です。

背の高いシギという意味の名前ですが全長は37cmほどとそれ程大きくありません。
しかし、目を引くのが脚の長さとその色。
非常に長く鮮やかなピンク色の脚の持ち主です。
また、体も白と黒のはっきりとした色合いで良く目立ちます。

昔は日本ではまれにみられる珍しい野鳥でしたが、近年は日本各地で繁殖し、よく見られるようになってきました。

三宅島では1973年に初確認し、2000年の噴火前はほかに1995年、1997年、1999年に記録があります。
噴火後も時々見られ、特に近年は毎年のように見られています。

磯や大路池などで、そのスマートで美しい姿を観察することができます。(N)

seitaka01.jpg
セイタカシギ(左)とダイサギ(右)

seitaka02.jpg

seitaka03.jpg
飛ぶ姿も美しいですね

seitaka04.jpg
ルビーのように真っ赤な眼(撮影地:千葉県習志野市)

seitaka05.jpg
頭が真っ白なもの、黒いものなど様々(撮影地:千葉県習志野市)


〇セイタカシギ
チドリ目セイタカシギ科
全長:37cm
英名:Black-winged Stilt
posted by akakokko at 13:47| おうちで見られる三宅島の生き物たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月09日

おうちで見られる三宅島の生き物99「キョウジョシギ」

kyojyo01.jpg

春と秋、磯に行くと、ときどき出会うキョウジョシギ。
日本より北の地方で春夏を過ごし、日本より南の地方で秋冬を過ごすシギやチドリの仲間です。
干潟や田んぼがない三宅島ではシギやチドリの仲間はそれほど多くの種類は見られません。
しかし、このキョウジョシギは必ずやってくる定番のシギで、秋は8月中旬くらいから9月末くらいまで見ることができます。

ほかのシギに比べ、体つきががっしりしていて少しマッチョな感じがします。
(そのせいか、キョウジョシギを見ていると、ときどきウツボを思い出します。トラウツボは華奢な感じがするのですが。)

ですが、名前のキョウジョは鮮やかな羽が京女のように美しいためだそうです。
※鳴き声のギョッ、ギョッから聞き倣したのかもしれないと書かれた文献もあります。

大きさはアカコッコと同じくらい。ですがやはりその体型のため、アカコッコよりも大きく見えるかもしれません。
また、飛ぶと背中や翼の白い模様が目立ちます。

沖原海岸や釜方海岸で見ることが多く、岩場を歩きながらエサとなるカニなどを探してます。(N)

kyojyo02.jpg
夏羽のオス(右)とメス(左)

kyojyo04.jpg
背中や翼の白が目を引く

kyojyo03.jpg

kyojyo05.jpg
幼羽

〇キョウジョシギ
チドリ目シギ科
全長:21〜25.5cm
英名:Ruddy Turnstone
posted by akakokko at 14:21| おうちで見られる三宅島の生き物たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月02日

野鳥リスト(2021年8月24〜31日)

◎2021年8月24〜31日に三宅島および近海で確認した野鳥(30種)
カラスバト、キジバト、オオミズナギドリ、ウミウ、コチドリ、キアシシギ、ソリハシシギ、イソシギ、キョウジョシギ、トビ、アオバズク、コゲラ、モズ、ハシブトガラス、ヤマガラ、シジュウカラ、ツバメ、ヒヨドリ、ウグイス、イイジマムシクイ、メジロ、ウチヤマセンニュウ、ミソサザイ、アカコッコ、コマドリ、イソヒヨドリ、スズメ、カワラヒワ、ホオジロ、コジュケイ
posted by akakokko at 14:57| 野鳥リスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年08月29日

おうちで見られる三宅島の生き物98「カゴカキダイ」

kagokaki01.jpg

体高のある体に鮮やかな黄色と黒の縞模様。
なんとも熱帯魚っぽい風貌なのがこのカゴカキダイ。
ですが、熱帯魚ではなく、本州でもよく見る魚だそうです。

とはいっても海が身近な三宅島だからこそ、ここで初めて見たという方も多いかもしれませんね。

体型が昔の駕籠に似ているからその名前が付いたそうです。
ちなみにタイ(ダイ)と名前につきますが、タイの仲間ではありません。

潮だまりにも多く生息しており、1年を通して見ることができます。
大きさは最大20cmくらいになるそうですが、潮だまりでは1cmくらいから12.3cmくらいのものが殆どです。
一匹でいるときや10匹以上の群れをなしている時など様々です。(N)

kagokaki02.jpg
稚魚。まだ体の黄色が薄く、ところどころ透明がかっている。

kagokaki03.jpg
千葉県船橋市の三番瀬で野鳥観察中に見たカゴカキダイ。

kagokaki04.jpg
カゴカキダイの縞は縦縞模様。人と並べてみると納得ですね。


〇カゴカキダイ
スズキ目カゴカキダイ科
posted by akakokko at 16:17| おうちで見られる三宅島の生き物たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年08月26日

おうちで見られる三宅島の生き物97「イシガキフグ」

夏、長太郎池にいると「おっきなフグがいた!」と興奮している方に時々出会います。

ishigakifugu01.jpg

そのおっきなフグの正体はイシガキフグの場合がほとんどです。
大きさは40~50pくらいが多いでしょうか。長太郎池ではありませんが70cmくらいのものを見たこともあります。
小さな幼魚が多い長太郎池の中ではその大きさが際立ちます。

岩陰に隠れじっとしていることが多く目立たないのですが、あまり動き回らないため観察しやすい魚です。
よく見ると体に小さなトゲが生えています。そう、イシガキフグはハリセンボンの仲間。
ですが、ハリセンボンのようにトゲを立てることはありません。

ishigakifugu02.jpg

大きな目と口が可愛らしいのですが、硬いカニなどの甲羅をバリバリ砕くほど強力な力をもっているので、追い回したり触ったりしないようにしましょうね。

長太郎池では1年を通して生息しており、観察も長太郎池がおススメです。(N)

ishigakifugu03.jpg
基本は単独でいるがまれに2〜3匹でいる時もある。

harisenbon.jpg
お馴染みハリセンボン。長太郎池で見ることはほとんどなく、伊ケ谷湾で見かけることが多い。

nezumifugu.jpg
よく似たネズミフグ(フグ目ハリセンボン科)。こちらはトゲを立てることができる。イシガキフグに比べ見ることは少ない。

〇イシガキフグ
フグ目ハリセンボン科
posted by akakokko at 15:35| おうちで見られる三宅島の生き物たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年08月24日

野鳥リスト(2021年8月11〜23日)

◎2021年8月11〜23日に三宅島および近海で確認した野鳥(35種)
カラスバト、キジバト、オオミズナギドリ、ウミウ、ゴイサギ、クロサギ、ホトトギス、アマツバメ、ムナグロ、セイタカシギ、メダイチドリ、キアシシギ、イソシギ、キョウジョシギ、トビ、アオバズク、コゲラ、モズ、ハシブトガラス、ヤマガラ、シジュウカラ、ツバメ、ヒヨドリ、ウグイス、イイジマムシクイ、メジロ、ウチヤマセンニュウ、ミソサザイ、アカコッコ、コマドリ、イソヒヨドリ、スズメ、カワラヒワ、ホオジロ、コジュケイ
posted by akakokko at 14:56| 野鳥リスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年08月20日

おうちで見られる三宅島の生き物96「クマノミ」

kumanomi01.jpg

熱帯魚と言えばこのクマノミを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?
有名なアニメ映画の主人公でもおなじみですね。
ただ、正確にはあの映画の主人公は日本にはいない種類のクマノミのようです。

さて、このクマノミ、実は三宅島とはとっても深い縁があります。
クマノミはオスからメスに性転換しますが、それを発見したのは三宅島伊ケ谷の海なのです。
発見したのはカンムリウミスズメの保護活動にも尽力されたジャックモイヤーさんとその仲間たち。
1970年にモイヤーさんがまず研究をはじめ、1978年にその研究内容を発表して広く知られるようになりました。

三宅島ではサンゴイソギンチャクというイソギンチャクと共生していますがそこで群れるクマノミの中で一番大きいのがメスであり群れのボスです。
ほかはすべてオスになります。
メスが何らかの理由でいなくなると残ったオスの中で一番大きなものがメスに性転換するそうです。

kumanomi02.jpg
手前がメスで奥がオス

スキューバダイビングはもちろんスキンダイビングやシュノーケリングでも観察できます。
以前は伊ケ谷湾の中でもたくさん見ることができたのですが、イソギンチャクが砂で埋まり数を大きく減らしてしまいました。



シュノーケリングで見るならやはり潮だまりがおススメです。
伊豆岬や釜方海岸の潮だまり、長太郎池などで小さな可愛らしい幼魚を観察できます。(N)

kumanomi03.jpg

mitsuboshi.jpg
サンゴイソギンチャクにはよく似た習性のミツボシクロスズメダイも。

〇クマノミ
スズキ目スズメダイ科
全長:メス最大15cm、オス最大10cm
posted by akakokko at 15:45| おうちで見られる三宅島の生き物たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年08月17日

おうちで見られる三宅島の生き物95「チョウチョウウオ」

tyoutyouuo03.jpg

サンゴの海で泳ぐ熱帯魚といえばこの「チョウチョウウオ」の仲間を想像する人も多いのではないでしょうか

黄色い丸い体でその名のとおり蝶のようにひらひらと泳いでいます。

三宅島では夏から秋に様々な種類のチョウチョウウオを見ることができますが、その多くは三宅島より南の海でうまれ、黒潮に乗ってやってきた季節来遊魚といわれるもの。
大人になることができずに、水温の下がる冬には死んでしまいます。

ですが、このチョウチョウウオは一年を通して見られ、幼魚から成魚まで様々な大きさのチョウチョウウオも見ることができます。

潮だまりにも生息しているのでシュノーケルはもちろん箱メガネなどでも簡単に観察を楽しむことができます。

8〜9月のアカコッコ館の海の生き物観察会でもチョウチョウウオの仲間を観察します。
お楽しみに(N)

tyoutyouuo02.jpg
チョウチョウウオの幼魚。背びれに眼状斑といわれる黒い斑点がある。天敵から急所である本来の目を守るためのもの。

tyoutyouuo01.jpg

tyouhan.jpg
よく似たチョウハン。以前は冬には姿を消していたが、近年は越冬する個体もいる。

fuurai.jpg
フウライチョウチョウウオ。冬には姿を消す。

togetyo.jpg
トゲチョウチョウウオ。冬には姿を消す。


〇チョウチョウウオ
スズキ目チョウチョウウオ科
英名:Oriental butterflyfish
全長:1cm〜20cm
posted by akakokko at 14:44| おうちで見られる三宅島の生き物たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年08月12日

おうちで見られる三宅島の生き物94「カツオノエボシ」

katsuonoebosi01.jpg

よく「電気クラゲ」と言われるのがこのカツオノエボシです。
とは言っても「クラゲ」の仲間ではなく、ヒドロ虫の仲間が集まったものだそうです。

触手に強力な毒を持ち、刺さされると激しく痛み、時に死亡例もあるほどだそうです。
烏帽子(えぼし)によく似た、透き通った青色の浮き袋で海面に浮かんでいます。
図鑑などではその浮き袋の大きさは10cmほど書かれていますが、三宅島で見るのは5cm未満のものが殆どです。
とは言っても危険なことには変わりがないので気を付けたほうが良いですね。
また、触手は10〜50mほどまで伸びるそうです。
カツオノエボシは浜に打ちあがっていることも多いのですが、たとえ死んでいても刺してくるので触れなようにしましょう。

katsuonoebosi02.jpg

遊泳力はほぼなく、黒潮や台風などの波浪によってやることが殆どのため、錆が浜や伊ケ谷など島の西側の海水浴場で見ることが多いです。

カツオノエボシから身を守るためには、海に入る前にカツオノエボシが打ちあがっていないか浜をよく見ることが大切です。
また海に入ってからも、海面をよく見て浮かんでいないかときどきチェックするようにしましょう。
ラッシュガードなどで肌を出さないようにすることも効果があります。(N)

katsuonoebosi03.jpg
海洋ゴミなどと一緒に打ちあがっていることが多い

katsuonoebosi04.jpg
この時は土方海岸で50個体以上も打ちあがっていた

katsuonokanmuri.jpg
よく似たカツオノカンムリ。カツオノエボシほどではないが毒があるのでこちらも触らないように

posted by akakokko at 13:40| おうちで見られる三宅島の生き物たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする