2017年12月27日

大路池での事件

大路池の北側桟橋付近でハシブトカラスの群れが騒いでいました。

空を見上げた瞬間、

オオタカがハシブトガラスをつかんで
そのまま水中に抑え込みました。

s-DSC_4764_00003.jpg

どうなるかと見ていると、、、

s-DSC_4765_00002.jpg

オオタカはなんとカラスを放置して逃げるように飛び去っていきました。
ハシブトガラスの群れが騒いだため、圧倒されてしまったのでしょうか。

s-DSC_4766_00001.jpg

しばらくすると、水面に浮いていたカラスが起き上がって
岸に向かって泳ぎ始めました。

一瞬の出来事でしたが、冬の間、大路池の周りには猛禽類が多く生息しているので
池の周りで待っているとこのような決定的瞬間を目撃できるかもしれません。K




 


posted by akakokko at 11:48| 自然情報トピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月26日

野鳥リスト(12月19日〜12月25日)

◎2017年12月19日〜12月25日に三宅島および近海で確認した野鳥(42種)
コガモ、ハジロカイツブリ、カイツブリ、カラスバト、キジバト、ウミウ、オオバン、イソシギ、ウミネコ、ミサゴ、トビ、ハイタカ、オオタカ、ノスリ、オオコノハズク、カワセミ、コゲラ、ハヤブサ、モズ、ミヤマガラス、ハシブトガラス、ヤマガラ、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、メジロ、ミソサザイ、シロハラ、アカコッコ、コマドリ、ルリビタキ、ジョウビタキ、イソヒヨドリ、スズメ、キセキレイ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、マヒワ、ウソ、ホオジロ、クロジ、アオジ

s-DSC_4658_00001.jpg
大路池付近でセグロセキレイが見られています。
ハクセキレイ、キセキレイと比べると島で見る機会はとても少ないです。
posted by akakokko at 15:43| 野鳥リスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月19日

野鳥リスト(12月12日〜12月18日)

西風が強い日が多くなってきました。
海辺ではようやくカモメ類が記録されました。去年に比べると遅めの到来です。

◎2017年12月12日〜12月18日に三宅島および近海で確認した野鳥(41種)
カイツブリ、ハジロカイツブリ、キジバト、ウミウ、アオサギ、オオバン、イソシギ、ウミネコ、セグロカモメ、
ミサゴ、トビ、オオタカ、ノスリ、コゲラ、ハヤブサ、ハシブトガラス、ヤマガラ、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、メジロ、ミソサザイ、シロハラ、アカコッコ、コマドリ、ルリビタキ、ジョウビタキ、イソヒヨドリ、スズメ、キセキレイ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、タヒバリ、カワラヒワ、マヒワ、ウソ、ホオジロ、カシラダカ、アオジ、クロジ、コジュケイ
posted by akakokko at 15:09| 野鳥リスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月12日

野鳥リスト(12月5日〜12月11日)

◎2017年12月5日〜12月11日に三宅島および近海で確認した野鳥(46種)
オシドリ、ヒドリガモ、カルガモ、ハシビロガモ、コガモ、カイツブリ、ハジロカイツブリ、キジバト、ウミウ、オオバン、ヤマシギ、イソシギ、ミサゴ、ハイタカ、オオタカ、ノスリ、オオコノハズク、カワセミ、コゲラ、チョウゲンボウ、ハヤブサ、モズ、ハシブトガラス、ヤマガラ、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、メジロ、ミソサザイ、シロハラ、アカコッコ、コマドリ、ルリビタキ、ジョウビタキ、イソヒヨドリ、スズメ、キセキレイ、セグロセキレイ、カワラヒワ、マヒワ、ウソ、シメ、ホオジロ、アオジ、クロジ、コジュケイ
posted by akakokko at 14:37| 野鳥リスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月08日

黄色い花が満開です

一昨日ぐらいから一気に冷え込みました。
この時期あまり外を出歩こうとは思わないかもしれませんが
島のいたるところで鮮やかな黄色の花が見頃です。

海岸近くなど、日当たりのよい所ではイソギクが満開です。
イソギクの葉は先が丸いものやギザギザなもの、尖っているもの
となぜかいろいろな形がありますが、すべて同じ種類「イソギク」です。

s-DSC_4251_00001.jpg
葉が丸っぽい形のイソギク

s-DSC_4244_00005.jpg
葉の縁にギザギザがあるタイプのイソギク

都道沿いや林道沿いではツワブキが満開です。

s-DSC_4263_00003.jpg
ツワブキ

どちらも三宅の固有種というわけではありませんが、
島の野草はどれもいきいきとして見えます。
冬もぜひ、外に出て花を鑑賞してみませんか。K





posted by akakokko at 15:40| 自然情報トピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月05日

野鳥リスト(11月28日〜12月4日)

先週は珍しい鳥が2種類やってきました。

アカマシコメス.jpg
11月28日にアカマシコが記録されました。メスのようです。なんと三宅島初記録です!

ホシムク.jpg
同じ日、同じ場所でホシムクドリも記録されました。こちらは4月以来です。

◎2017年11月28日〜12月4日に三宅島および近海で確認した野鳥(51種)
ヒドリガモ、マガモ、ハシビロガモ、コガモ、ホシハジロ、カイツブリ、ハジロカイツブリ、カラスバト、キジバト、アオバト、クロアシアホウドリ、ウミウ、クロサギ、オオバン、ミサゴ、ハイタカ、オオタカ、ノスリ、オオコノハズク、コゲラ、モズ、ハシブトガラス、ヤマガラ、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、メジロ、ミソサザイ、ムクドリ、ホシムクドリ、シロハラ、アカコッコ、コマドリ、ルリビタキ、ジョウビタキ、イソヒヨドリ、スズメ、キセキレイ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、タヒバリ、カワラヒワ、マヒワ、アカマシコ、ウソ、シメ、ホオジロ、ミヤマホオジロ、アオジ、クロジ、コジュケイ
posted by akakokko at 15:48| 野鳥リスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「山田陽治さんといっしょに海辺の宝さがし」を開催しました。

12月3日(日)に子ども向け自然番組などで活躍中の山田陽治さんを講師に迎え
「山田陽治さんと海辺の宝さがし」を開催しました。
場所は釜方海岸。12月だというのに風も弱くポカポカ陽気でした。

 s-IMG_5180.jpg
まずはじめは、山田さんの漂着物コレクションを使ったレクチャー
貝、ウニ、魚や獣の骨、海藻押し葉・・・いろいろと出てきます。
次から次に出てくる不思議な物体に子どもたちも興味津々です。

s-IMG_5207.jpg
レクチャーのあとはいよいよ海岸探検と宝探し!
何が見つかるかな?

s-DSC_0026.jpg
こんな大きな木も漂着物。夏はありませんでした。
台風21号で流されてきたのでしょうか?

s-IMG_5233.jpg
机いっぱいの漂着物。
予想以上に集まりました。

s-DSC_0052.jpg
ハコフグのなかまの骨格、タカラガイやイモガイのなかま、巨大フジツボ、ビーチグラスなど

漂着物から環境や海の状態などいろいろなことがわかります。
冬に海に行こうという気にはあまりならないかもしれませんが、
日差しが強すぎず、海岸も熱くないこの時期だからこその楽しみかもしれません。
夏以外も、天気が良ければぜひ海岸に出かけて海の自然に目を向けてみてください。K



posted by akakokko at 13:12| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月28日

野鳥リスト(11月21日〜11月27日)

西風が強くなり、冬らしい気候になってきました。
ツグミが初認されました。
ほかにもウソやマヒワなど、冬の小鳥たちが目立つようになってきました。

s-DSC_3742_00002.jpg
カマキリをつかむチョウゲンボウ。
先週かなり冷え込んだため、昆虫の姿はあまり見かけなくなりましたが、
まだ大きなカマキリがいたのですね。

◎2017年11月21日〜11月27日に三宅島および近海で確認した野鳥(46種)
ヒドリガモ、ハシビロガモ、ホシハジロ、ハジロカイツブリ、キジバト、オオミズナギドリ、カツオドリ、ウミウ、ヒメウ、アオサギ、オオバン、イソシギ、ミサゴ、ハイタカ、オオタカ、ノスリ、アオバズク、カワセミ、コゲラ、チョウゲンボウ、モズ、ハシブトガラス、ヤマガラ、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、メジロ、ミソサザイ、アカコッコ、ツグミ、コマドリ、ルリビタキ、ジョウビタキ、イソヒヨドリ、スズメ、キセキレイ、ハクセキレイ、タヒバリ、アトリ、カワラヒワ、マヒワ、ウソ、シメ、ホオジロ、アオジ、コジュケイ
posted by akakokko at 14:16| 野鳥リスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月21日

野鳥リスト(11月14日〜11月20日)

一気に冷え込んだ一週間。
ウソが16日に、ルリビタキが18日に初認されました。ウソはアカコッコ館の観察コーナーにも現れました。

◎2017年11月14日〜11月20日に三宅島および近海で確認した野鳥(37種)
コガモ、ハジロカイツブリ、カラスバト、キジバト、オオミズナギドリ、カツオドリ、ウミウ、アオサギ、クロサギ、オオバン、イソシギ、ミサゴ、ハイタカ、オオタカ、ノスリ、カワセミ、コゲラ、チョウゲンボウ、ハヤブサ、モズ、ハシブトガラス、ヤマガラ、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、ミソサザイ、ムクドリ、アカコッコ、コマドリ、ルリビタキ、イソヒヨドリ、スズメ、キセキレイ、ハクセキレイ、ビンズイ、カワラヒワ、ウソ
posted by akakokko at 15:46| 野鳥リスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

産業祭に出展しました。

今年も三宅島産業祭に出展しました。
s-P1080672.jpg
雨で足元が悪い中、アカコッコ館ブースにもたくさんの人に足を運んでいただきました。

今回はアカコッコの現状や「アカコッコの島復活大作戦」と題した、庭や畑でもできるアカコッコを増やす方法について紹介しました。

アカコッコがエサとなるミミズなどの虫をとりやすくすなるよう

・庭では・・落ち葉を掻きすぎない、草取りはこまめにする
・畑や森では・・ササなどをこまめに刈って地面が見える場所を増やし、
刈ったササなどは積んでおく(ミミズのエサのなるため)

など、ちょっとしたことに気を付けるだけで、アカコッコが暮らしやすい環境を作ることができます。
ぜひ、実践してみてください。

また、アカコッコ館の楽しみ方や自然ガイドによるウミガメ保護活動などについても紹介しました。

s-P1080669.jpg
アカコッコぬりえや折り紙など、子どもが楽しめるコーナーもあり、
子どもたちでにぎわっていました。

ブースに足を運んで下さった皆様、ありがとうございました。K

posted by akakokko at 15:36| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする