2016年05月29日

ウチヤマセンニュウ観察会を開催しました

今朝は伊豆岬ので「ウチヤマセンニュウ観察会」を開催しました。
朝から青空が広がり、風もなく、観察には最高のお天気です。

朝6時から10時までレンジャーが展望台に常駐し
解説や観察補助を行いました。

P1120051.JPG

バードウォッチングの団体さんも到着し、
会場がとてもにぎやか、鳥を探す目もたくさんです。

P5291455.JPG

キリリ チュイチュイ という声が
いくつも重なり合います。
草の中から出てきたところをお見逃しなく!

P1120041.JPG

「ウチヤマセンニュウ観察会」は6月5日(土)にも
同じく伊豆岬展望台で実施します。
6:00〜10:00まで途中参加、退出可能です。
双眼鏡や望遠鏡の貸し出しもあります。
朝早いほど見やすいので、ぜひ早起きしてご参加ください。(O)

posted by akakokko at 14:37| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月18日

アカコッコの住みやすい環境作り(職場体験報告)

今日は、アカコッコ館の観察コーナの前をアカコッコの住みやすい環境を作るためにキレイにした。アカコッコが住みやすいのは、下に草がない場所なので下の草を取った。
最初は、たくさんの草があった、それもやっていくとキレイになった。
P1070926.jpg
作業前

P1070929.jpg
作業後

アカコッコ館の観察コーナがキレイになったので中から見てみると、もう観察コーナにアカコッコが来ていた。
アカコッコの住みやすい環境を作ることが出来た。
P1070938.jpg

下の草を取ることだけでも住みやすい環境になってアカコッコにはいいことなんだとわかった。

-------------------------------------------------
今回の文章は職場体験に来ている宮下君が作成しました。
posted by akakokko at 16:05| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月13日

【調査員求む!】今年もサンゴの調査を行います。

2016rc.jpg
今年もリーフチェック(サンゴの健康度を測る調査)を行います。

三宅島は大規模な造礁サンゴの群集があり、
その分布の北限地域にある事から、サンゴの重要な生息地となっています。
三宅島では1998年からそのサンゴの健康度を測る調査を毎年行っています。

P7052411.jpg

調査未経験者でも大丈夫。
サンゴとは何かというところから、調査方法まで
専門家がわかりやすく教えてくれます。

P7050069.jpg
三宅島のサンゴを守る活動を一緒に行ってみませんか(N)

三宅島リーフチェック詳細-----------------------------------------------------
日  時:2016年7月9日(土) 8:00〜17:00
応募条件:ダイビング経験者※推奨50本程度のレベルで自己管理できるCカード保持者
応募〆切:7月2日(土)
料  金:リーフチェック参加費4000円、2ボートダイブ料金(10000円)、懇親会費(4000円程度)
定  員:8名
申し込み・問合わせ:三宅島自然ふれあいセンター・アカコッコ館(担当:内藤)
          MAIL:naito@wbsj.org TEL:04994-6-0410
共  催:コーラル・ネットワーク
posted by akakokko at 15:26| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月08日

ぐるっと一周バードウォッチングを開催しました

8時から17時までのロングイベント「ぐるっと三宅島一周バードウォツチング」を開催しました。
この時期、野鳥にとっては渡りという一大イベントの真っ最中。
三宅島では様々な渡り鳥が観察されます。
また、一年中三宅島で暮らす野鳥たちも繁殖の為、
活発に動きまわり見やすい時期です。
それらを求めて、森、海岸、草地などの様々な環境を巡ります。

開始に先立ち、みんなで本日の目標数を相談しました。
昨年の同イベントでは31種確認したので、本日は32種と決定。
早速、大路池で鳥さがしスタート。
P5070029.jpg

雨上がりという絶好のコンディションで、
アカコッコやコマドリがよくみられました。
P5070030.jpg

また、サギの仲間もチュウサギ、ダイサギ、アオサギ、ササゴイと
4種も見られました。

P5070033.jpg
その後、今崎海岸に移動。
ウミネコやウミウなどの海鳥や、綺麗な夏羽のムナグロ、
イソヒヨドリもオスメスともに見られました。

P5070039.jpg
さらにサタドー岬へ。そこで昼食をとりながら鳥さがし。
期待していた群れのアマツバメこそ見られませんでしたが
ウチヤマセンニュウの声は良く聞こえました。
番外編として、息継ぎのために浮上するウミガメの姿もしっかり確認。

P5070041.jpg
釜方海岸では冬羽に近い色合いのムナグロとキアシシギ、イソシギなどのシギ。
海上を飛ぶ大群のオオミズナギドリ。
草地ではきれいなアマサギも見られました。

17時に三宅高校に到着。
9時間、10km弱歩く鳥さがしも終了となりました。
気になる確認数は37種。目標を5種も越えて見事達成しました。

イベント中に確認できた野鳥(37種)
スズガモ、カラスバト、キジバト、オオミズナギドリ、ウミウ、ササゴイ、アマサギ、アオサギ、ダイサギ、チュウサギ、アマツバメ、ムナグロ、キアシシギ、イソシギ、ウミネコ、アオバズク、コゲラ、モズ、ハシブトガラス、ヤマガラ、ツバメ、ヒヨドリ、ウグイス、イイジマムシクイ、メジロ、ウチヤマセンニュウ、オオヨシキリ、ミソサザイ、クロツグミ、アカコッコ、コマドリ、イソヒヨドリ、スズメ、キセキレイ、カワラヒワ、ホオジロ、コジュケイ
posted by akakokko at 13:44| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月29日

GWは島に着いたら、まずはアカコッコ館へ!

P4291326.jpg

本日から5月5日(木)までの間、アカコッコ館は早朝の5時からオープンしています。
※通常は9時からオープンです。

島に着いたらまずは、アカコッコ館で、旬の野鳥情報や自然情報を得て
探鳥プランの参考にしませんか。
また、館内からものんびりと野鳥の観察のできるコーナーもあります。

アカコッコ館本館横の視聴覚棟では、この期間に限り
ちょっとした休憩や持参の朝食を取るスペースを設置しています。
お待ちしております!

------------------------------------------------------------------------
4月29日(金)〜5/5(木)は早朝5時からオープン
※通常月曜休みですが、5月2日(月)も特別に5時からオープンしています。

posted by akakokko at 06:39| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月28日

島一周鳥さがし。参加者募集中です

5月7日(土)「ぐるっと三宅島一周バードウォッチング」を開催します。

朝8時から夕方5時までとすこし長いイベントですが
それだけに見応えは充分!
この時期は渡り鳥も多く、
昨年はこのイベントで31種の野鳥に出会うことができました。
※昨年の様子
http://miyakejima.seesaa.net/article/418432233.html

今年はどんな野鳥に出会えるでしょうか。

シギやサギなど渡り途中の「旅人」も
アカコッコやタネコマドリなど「三宅島の住民」もじっくり探します。
どちらも見てみたいという方はぜひご参加ください。

最近島内でよく見る野鳥たち。当日も出会いに期待です!(N)

IMGP7880.jpg

IMGP7847.jpg

IMGP7261.jpg

IMGP6308.jpg

IMGP7085.jpg

IMGP7349.jpg

IMGP7299.jpg
posted by akakokko at 11:38| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月24日

イベント「親子さえずりの道ウォーキング」開催

島内在住の親子を対象に
イベント「親子さえずりの道ウォーキング」を開催しました。

鳥のさえずりが降り注ぎ、歩くにも心地よい季節。
大路池の自然は見逃せません。

P4241329.JPG

雨上がりの朝、ふわっと土の香るなかスタート。
イイジマムシクイのさえずりが降ってきます。

彼らは何をお話ししている?
なぜ一生懸命鳴いている?

P1110333.JPG

子どもたちいはく「タコ型」のキノコ、
「うちわ型」、「お茶碗型」のキノコ。

ウミウやサギの仲間、毛虫、風車の形の花、
タオルの木・・・。

春の雨上がりの森でたくさんの発見をしました。(O)
posted by akakokko at 14:52| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月13日

カンムリウミスズメ調査を実施しました

4月12日に三宅島から約8Km離れた三本岳周辺の
カンムリウミスズメの洋上カウントを行いました。
毎年アカコッコ館で行っているモニタリングです。

P1110120.JPG

やや強い北東の風が吹き、昨日までと比べると気温も低め。
うねりに揉まれながら船尾でカンムリウミスズメを探します。

IMGP5979.JPG

三宅島と三本岳の中間あたりから、次々と出現し始めました。
1羽や2羽でいるものが目立ちます。

GOPR0673.JPG

この船には自然ガイドの勉強会「キュルル」のメンバーも5名が同乗。
記録方法やGPSの使い方を学び、実践しました。

IMGP5967.JPG

カンムリウミスズメのほかにもオオミズナギドリの群れや・・・

P1110126.JPG

上空を悠々と飛ぶアホウドリの姿が見られました。

20160412_02.jpg

今回、カンムリウミスズメが出現した地点。
例年と比べると、広い範囲にわたって出現したように感じます。
約3時間の航行で76羽を記録しました。(O)
posted by akakokko at 14:11| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月01日

三宅島フォトコンテストの作品を展示しています。

P4011274.jpg

本日より6月末までアカコッコ館視聴覚棟で
三宅島観光協会主催のフォトコンテストの作品を展示しています。

P4011275.jpg
海や森、可愛らしい生きもの、夏の思い出、島のお祭りなど
素敵な三宅島の写真が沢山、展示されています。

P4011276.jpg
作品展の期間中、視聴覚棟への入館は無料です。
皆さまお誘いあわせのうえ、お立ち寄りください(N)。
posted by akakokko at 14:59| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月30日

自然ガイドのセミナー2連続

アカコッコ館では自然ガイド養成講座の修了者を対象に、
ガイドとしてのスキルアップのためのセミナーを開催しています。

28日・29日に連続して開催し、
27日の講座を修了したばかりメンバーも参加しました。

P1070868.JPG

28日は、レンジャーによる三宅島の野鳥のレクチャーと野外観察。
三宅島で注目すべき鳥類相とは何か?絶滅危惧種とは何か?基本を振り返り、深めました。

P1070878.JPG

29日は環境省の方を講師に、
自然公園法についての講義。島全体が国立公園である三宅島は
どんな法律によって守られ、利用されているのか学びました。

P1070881.JPG

ひょうたん山の景観の保護とは?
遊歩道の草刈りってどういう扱いなの?

質疑では、島の具体的な地名が飛び交い、
日頃の疑問を解決していきました。

(O)
posted by akakokko at 10:08| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする