2016年07月10日

サンゴの調査を行いました。

P7098990.jpg
富賀浜のテーブル状サンゴ群集

7月9日(土)に島の南西にある富賀浜にてサンゴの調査を実施しました。
富賀浜には伊豆諸島で最大のテーブル状サンゴの群集があり、
かつその生息の最北限にあることなどにより大変重要なものとなっています。
そこで、毎年、サンゴの健康度を図る調査(リーフチェック)を実施しています。

昨年は海況不良により、中止となっていましたが、
今年は無事に調査をすることができました。
サンゴの白化や、サンゴ食の巻貝やオニヒトデ、その食痕なども見当たらず、
サンゴは健全な状態にあり、依然として伊豆諸島最大の群集でした。

P7098998.jpg
海底に100メートルの調査ラインを引き、ライン直下の構成を
造礁サンゴや砂床、海藻など10種に分類して記録します。

P7099004.jpg
ライン周辺で、調査対象種の魚類、無脊椎動物を記録していきます。

P7098983.jpg
調査にボランティアで参加してくれた皆さま、協力してくれた関係者の皆さま
本当にありがとうございました。(N)
posted by akakokko at 17:23| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月05日

小学校の海浜教室に協力しました

7月4日は三宅小学校の全校イベント「海浜教室」。
今年もレンジャーは講師として協力させてもらいました。

G0064021.JPG

連日濃霧に包まれている三宅島ですが、
会場の釜方海岸は夏の日差しに恵まれました。

P1120309.JPG

磯での活動の注意や観察マナーのお話をして、
海際へ。学年に応じて3つのグループに分かれて観察です。

G0164152.JPG

高学年は大きな潮だまりでシュノーケルにも挑戦。

G0124055.JPG

岩陰にガンガゼがちらり。
危険な生き物についても学びました。

カニを捕まえた!ウニを持ってみた!
ウミウシに初めてさわった!

たくさんの体験をしてもらえて嬉しいです。(O)
posted by akakokko at 10:23| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月21日

アカコッコカラーの海水魚「ミヤケヘビギンポ」観察会を実施

miyakehebi.jpg

6月19日(日)に長太郎池でミヤケヘビギンポ観察会を実施しました。
ミヤケヘビギンポは三宅島で発見された海水魚で
潮だまりのような水深の浅い場所で見られます。

P3133021.jpg
↑このように普段はとっても地味な色なのですが、
春から初夏、繁殖のため求愛するオスは頭が黒、体が赤と、とても派手な色になります。

水温21.5℃と少し冷たい海でしたが、海をのぞいてみると・・
「いた!いた!」「そこそこ!」

P6197337.jpg

P6197344.jpg

参加者全員で、季節限定のアカコッコカラーの
ミヤケヘビギンポを楽しむことができました。
また、他にもさまざまな海水魚やサンゴ、アメフラシの仲間など
たくさんの生き物の観察を楽しむことができました(N)。

P3223123.jpg
ミヤケヘビギンポの仲間「ヘビギンポ」の婚姻色。

P6197367.jpg
トビウオの仲間も見られました。

当日見られたミヤケヘビギンポの繁殖行動
posted by akakokko at 13:18| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月19日

「タマゴ式鳥絵塾アカコッコを描いてみよう」を開催しました

17日(金)と18日(土)にイベント「タマゴ式鳥絵塾アカコッコを描いてみよう」を開催しました。
日本野鳥の会の図鑑の絵でもおなじみの
野鳥画家の谷口高司氏を講師に、「タマゴ式」という易しい描き方で
三宅村の鳥アカコッコの作画に挑戦しました。

P6171561.JPG

鳥を描くのは初めての参加者ばかり。
画材の使い方から丁寧に教わり、鳥の体のバランスや
くちばしや翼のつくりを理解しながら進めていきました。

P1120224.JPG

こちらはNレンジャーの完成作品。

P6171575.JPG

17日の大人向け講座ではアカコッコ保護の最新情報も
レンジャーからお伝えしました。

P6171577.JPG
17日の参加者のみなさん。

P1120222.JPG
18日の参加者のみなさん。

「アカコッコをもっと見てみたくなった!」
「想像以上にアカコッコらしく描けてうれしい!」
「観察もスケッチも一層好きになった!」

イラストの作成を通して、こんな感想をいただきました。

鳥たちへの親しみと観察の視点が深まるイベントになりました。(O)
posted by akakokko at 09:53| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月29日

ウチヤマセンニュウ観察会を開催しました

今朝は伊豆岬ので「ウチヤマセンニュウ観察会」を開催しました。
朝から青空が広がり、風もなく、観察には最高のお天気です。

朝6時から10時までレンジャーが展望台に常駐し
解説や観察補助を行いました。

P1120051.JPG

バードウォッチングの団体さんも到着し、
会場がとてもにぎやか、鳥を探す目もたくさんです。

P5291455.JPG

キリリ チュイチュイ という声が
いくつも重なり合います。
草の中から出てきたところをお見逃しなく!

P1120041.JPG

「ウチヤマセンニュウ観察会」は6月5日(土)にも
同じく伊豆岬展望台で実施します。
6:00〜10:00まで途中参加、退出可能です。
双眼鏡や望遠鏡の貸し出しもあります。
朝早いほど見やすいので、ぜひ早起きしてご参加ください。(O)

posted by akakokko at 14:37| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月18日

アカコッコの住みやすい環境作り(職場体験報告)

今日は、アカコッコ館の観察コーナの前をアカコッコの住みやすい環境を作るためにキレイにした。アカコッコが住みやすいのは、下に草がない場所なので下の草を取った。
最初は、たくさんの草があった、それもやっていくとキレイになった。
P1070926.jpg
作業前

P1070929.jpg
作業後

アカコッコ館の観察コーナがキレイになったので中から見てみると、もう観察コーナにアカコッコが来ていた。
アカコッコの住みやすい環境を作ることが出来た。
P1070938.jpg

下の草を取ることだけでも住みやすい環境になってアカコッコにはいいことなんだとわかった。

-------------------------------------------------
今回の文章は職場体験に来ている宮下君が作成しました。
posted by akakokko at 16:05| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月13日

【調査員求む!】今年もサンゴの調査を行います。

2016rc.jpg
今年もリーフチェック(サンゴの健康度を測る調査)を行います。

三宅島は大規模な造礁サンゴの群集があり、
その分布の北限地域にある事から、サンゴの重要な生息地となっています。
三宅島では1998年からそのサンゴの健康度を測る調査を毎年行っています。

P7052411.jpg

調査未経験者でも大丈夫。
サンゴとは何かというところから、調査方法まで
専門家がわかりやすく教えてくれます。

P7050069.jpg
三宅島のサンゴを守る活動を一緒に行ってみませんか(N)

三宅島リーフチェック詳細-----------------------------------------------------
日  時:2016年7月9日(土) 8:00〜17:00
応募条件:ダイビング経験者※推奨50本程度のレベルで自己管理できるCカード保持者
応募〆切:7月2日(土)
料  金:リーフチェック参加費4000円、2ボートダイブ料金(10000円)、懇親会費(4000円程度)
定  員:8名
申し込み・問合わせ:三宅島自然ふれあいセンター・アカコッコ館(担当:内藤)
          MAIL:naito@wbsj.org TEL:04994-6-0410
共  催:コーラル・ネットワーク
posted by akakokko at 15:26| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月08日

ぐるっと一周バードウォッチングを開催しました

8時から17時までのロングイベント「ぐるっと三宅島一周バードウォツチング」を開催しました。
この時期、野鳥にとっては渡りという一大イベントの真っ最中。
三宅島では様々な渡り鳥が観察されます。
また、一年中三宅島で暮らす野鳥たちも繁殖の為、
活発に動きまわり見やすい時期です。
それらを求めて、森、海岸、草地などの様々な環境を巡ります。

開始に先立ち、みんなで本日の目標数を相談しました。
昨年の同イベントでは31種確認したので、本日は32種と決定。
早速、大路池で鳥さがしスタート。
P5070029.jpg

雨上がりという絶好のコンディションで、
アカコッコやコマドリがよくみられました。
P5070030.jpg

また、サギの仲間もチュウサギ、ダイサギ、アオサギ、ササゴイと
4種も見られました。

P5070033.jpg
その後、今崎海岸に移動。
ウミネコやウミウなどの海鳥や、綺麗な夏羽のムナグロ、
イソヒヨドリもオスメスともに見られました。

P5070039.jpg
さらにサタドー岬へ。そこで昼食をとりながら鳥さがし。
期待していた群れのアマツバメこそ見られませんでしたが
ウチヤマセンニュウの声は良く聞こえました。
番外編として、息継ぎのために浮上するウミガメの姿もしっかり確認。

P5070041.jpg
釜方海岸では冬羽に近い色合いのムナグロとキアシシギ、イソシギなどのシギ。
海上を飛ぶ大群のオオミズナギドリ。
草地ではきれいなアマサギも見られました。

17時に三宅高校に到着。
9時間、10km弱歩く鳥さがしも終了となりました。
気になる確認数は37種。目標を5種も越えて見事達成しました。

イベント中に確認できた野鳥(37種)
スズガモ、カラスバト、キジバト、オオミズナギドリ、ウミウ、ササゴイ、アマサギ、アオサギ、ダイサギ、チュウサギ、アマツバメ、ムナグロ、キアシシギ、イソシギ、ウミネコ、アオバズク、コゲラ、モズ、ハシブトガラス、ヤマガラ、ツバメ、ヒヨドリ、ウグイス、イイジマムシクイ、メジロ、ウチヤマセンニュウ、オオヨシキリ、ミソサザイ、クロツグミ、アカコッコ、コマドリ、イソヒヨドリ、スズメ、キセキレイ、カワラヒワ、ホオジロ、コジュケイ
posted by akakokko at 13:44| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月29日

GWは島に着いたら、まずはアカコッコ館へ!

P4291326.jpg

本日から5月5日(木)までの間、アカコッコ館は早朝の5時からオープンしています。
※通常は9時からオープンです。

島に着いたらまずは、アカコッコ館で、旬の野鳥情報や自然情報を得て
探鳥プランの参考にしませんか。
また、館内からものんびりと野鳥の観察のできるコーナーもあります。

アカコッコ館本館横の視聴覚棟では、この期間に限り
ちょっとした休憩や持参の朝食を取るスペースを設置しています。
お待ちしております!

------------------------------------------------------------------------
4月29日(金)〜5/5(木)は早朝5時からオープン
※通常月曜休みですが、5月2日(月)も特別に5時からオープンしています。

posted by akakokko at 06:39| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月28日

島一周鳥さがし。参加者募集中です

5月7日(土)「ぐるっと三宅島一周バードウォッチング」を開催します。

朝8時から夕方5時までとすこし長いイベントですが
それだけに見応えは充分!
この時期は渡り鳥も多く、
昨年はこのイベントで31種の野鳥に出会うことができました。
※昨年の様子
http://miyakejima.seesaa.net/article/418432233.html

今年はどんな野鳥に出会えるでしょうか。

シギやサギなど渡り途中の「旅人」も
アカコッコやタネコマドリなど「三宅島の住民」もじっくり探します。
どちらも見てみたいという方はぜひご参加ください。

最近島内でよく見る野鳥たち。当日も出会いに期待です!(N)

IMGP7880.jpg

IMGP7847.jpg

IMGP7261.jpg

IMGP6308.jpg

IMGP7085.jpg

IMGP7349.jpg

IMGP7299.jpg
posted by akakokko at 11:38| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする