2017年02月18日

出前講座を実施しました

IMG_3743.jpg
昨日、伊豆老人クラブの定例会に参加させていただき
アカコッコ館の出前講座を開催してきました。

同じ島内においてもなかなかアカコッコ館に行く事が
できない方も多くいらっしゃいます。
そんな方たちにも、三宅島の野鳥の魅力を改めて知ってもらおうと
企画したものです。

IMG_3750.jpg
野鳥の身体的な特徴から始まって、世界の野鳥の数、日本の野鳥の数、三宅島で見られている野鳥の数などをクイズ形式で楽しみながらお話ししました。

また、三宅島の野鳥といえばアカコッコ。
アカコッコが置かれている状況やアカコッコの魅力、
昨年実施したアカコッコ個体数調査の事なども紹介してきました。

IMG_3762.jpg
皆さん、アカコッコへの愛は抜群で、
「アカコッコはもっともっと大事にしていかないとだめだよ。」など
うれしい意見もたくさんいただきました。

また直接話を聞くと良く分かったとの意見もたくさんいただきました。
普段、広報誌などで情報を送っていますが、直接伝えることの重要性を改めて感じました。

今後も年齢や交通事情など様々な事情で
アカコッコ館に行くことができない方たちに向けて、
出前講座を拡げていきたいと思います。

お気軽にお問い合わせください。(N)
posted by akakokko at 14:32| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月09日

火山の勉強会を行いました。

2月5,6日、2日間にわたって自然ガイドのための勉強会が行われました。
今回は元三宅高校の地学の先生をお招きして、
三宅島の火山について学びました。

1日目の午前中は途中、実験をはさみながら
楽しく噴火の仕組みを学びました。
s-P2050213.jpg

s-P2050222.jpg
ココアと練乳を使ったカルデラの形成実験。
(実験後はおいしくココアをいただきました)

午後は火山灰の分析を体験しました。

s-P2050237.jpg

s-P2050239.jpg
サンプルの土を丹念に洗い、鉱物だけを取り出して乾燥させ、顕微鏡で観察しました。

2日目の午前中は、実際にフィールドに出て学びました。
s-P2060258.jpg
ひょうたんやまでのフィールド学習。赤い色は火口が近かったことを示しています。
s-P2060272.jpg
長太郎池の地層

島中が火山の博物館のような三宅島。
普段からよく見る景観も実際に現場で説明していただくことで、
その意味や歴史について知ることができました。

三宅島の火山についてより深く学ぶことができた2日間となりました。(K)





posted by akakokko at 15:13| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月04日

2015年度アカコッコ館 研究・事業報告書(Miyakensis)を発行しました。

s-PC040184.jpg
「Miyakensis(ミヤケンシス)」は、研究者や学生、一般の方などだれでも
気軽に研究報告ができる場として開館当初から発行されてきました。
アカコッコ館の調査や普及活動の報告も収録しています。
三宅島をもっと知りたい人へおすすめの一冊です。
こちらから目次をご覧になれます。
↓↓↓
miyakensis19目次.pdf
ご希望の方に無料配布を行っています。
※郵送の場合、送料を実費にてご負担お願いいたします※
posted by akakokko at 15:39| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月03日

本日は観察会日和

s-PC030174.jpg
本日の10:00〜13:00、大路池の北側桟橋で水鳥スポット観察会が行われました。
午前中は快晴。
暖かく、風も弱く、まさに観察会日和です。
s-PC030180.jpg

肝心の野鳥はというと、、、オオバン、カイツブリ、ウミウ、オオタカ、ノスリ、ミサゴ、カワセミ、メジロなどが観察できました。

s-DSC_2273.jpg
2、3羽のノスリが何度も観察されました。
s-DSC_2278.jpg
オオタカも観察されました。
実は、、、観察会の前に水鳥(オオバン?)を捕食していました。

水鳥スポット観察会は4日(日)も10:00〜13:00の間に行っています。
開催時間中いつでもご自由に参加できますので
お気軽にお越しください。
明日はどんな野鳥、どんなシーンに出会えるでしょうか。
(K)





posted by akakokko at 16:09| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月26日

御蔵島で野鳥授業

11月22日にお隣の島「御蔵島」の小中学生を対象に
野鳥の授業を行ってきました。

DSC_5467.JPG
アカコッコの着ぐるみとともに御蔵島に行ってきました。

御蔵島にはオオミズナギドリの世界一の繁殖地があるほか、
アカコッコ、イイジマムシクイなども生息しています。
また、森も海も身近にあり、さまざまな野鳥を身近に見ることのできる
御蔵島の楽しさや凄さを子供たちにも知ってもらおうと
企画されたものです。

IMG_4324.JPG
校庭ではアトリや、ハクセキレイ、ツグミ、ムクドリ、ギンムクドリなどが見られました。

雨降りとあいにくのお天気で、予定されたコースは周れなかったのですが、
子どもたちは、はじめて見た鳥に興奮したり、
校庭にも外国からやってきたさまざまな野鳥がいることが分かったと
話してくれました。

これをきっかけに、ますます御蔵島の野鳥に関心をもって、
さまざまな発見をしてもらえればうれしいです。(N)

IMG_4331.JPG
posted by akakokko at 12:28| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月19日

産業祭でお待ちしております。

20161119_01.jpg

今日は、三宅島の各産業が一堂に集まって
日頃どんな取り組みをしているかを紹介する産業祭の日です。
「産業のお祭り」と聞くとなんだか難しく感じるかもしれませんが、
三宅島の良いところ、楽しいところを発信するイベント。
三宅島の食材を使ったおいしい料理の屋台や
子どもに人気のクラフトなどもあり皆が楽しみにしています。

アカコッコ館も3年前より出展して、日頃の活動を紹介しています。
今回は、アカコッコ個体数調査の結果発表や
アカコッコを増やすために作成したマニュアルの紹介。
さらにアカコッコ館の楽しみ方や自然ガイド育成の取り組みを紹介しました。
ミニバードウッォツチングも行う予定でしたが、残念ながら今日は大雨。
野外のブースは中止となりました。
屋内も例年に比べると人影がまばらです。

PB190144.jpg
それでも、30人ほどのお客さんがブースに立ち寄り、
耳を傾けてくれました。

20161119_02.jpg
自然ガイドのメンバーにも解説を協力してもらいました。

そして、産業祭は急遽、明日まで延長!
明日も、アカコッコ館ブースとミニバードウォッチングでお待ちしております!
遊びに来てくださいね。(N)

20161119_03.jpg
ミニバードウォツチングは中止でしたが、双眼鏡やスコープには興味津々。
おやおや、こんな可愛いアカコッコもきてくれました。
posted by akakokko at 16:46| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月02日

9月も森や海のイベント盛りだくさん!

アカコッコ館では9月も森や海のイベントをご用意して
皆さまのご参加をお待ちしております。

GWaki.jpg
大路池ガイドウォークでは
秋の大路池の森を鳴く虫や秋の渡りで立ち寄った野鳥などを
観察しながら歩きます。
9月の3連休(17・18・19日)の午前に実施します。
申し込み不要ですのでお気軽にご参加ください。

FWaki.jpg
また、22日(木・祝)には秋のフィッシュウォッチング!
熱帯からの海水魚もそろそろ出揃い、1年の中でも最もにぎやかな海で
フィッシュウォッチングを楽しみましょう!
こちらは申し込みは必要ですので気になる方はお早めに!
posted by akakokko at 11:54| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月18日

カラフルな魚で海の中はにぎやかです。

minamihakohugu.jpg

P8102049.jpg

土方海岸や長太郎池などの潮だまりでは
ちいさな幼魚たちでにぎやかになってきました。
なかには、三宅島よりはるか南の海で生まれ、
流れ着いてくる綺麗な熱帯魚の姿も。
まだまだ暑い陸から離れ、生き物でにぎやかな海で
フィッシュウォッチングを楽しみませんか?

P8142213.jpg

P8101808.jpg

アカコッコ館では20日(土)、21日(日)にも
おさかな教室を開催します。
レンジャーと一緒に生き物の観察をしたり、
無料貸し出しの箱メガネを使って自由に観察したり
三宅島の海を満喫しましょう。

おさかな教室詳細
日時:8月20日(土)、21日(日) 11:00〜14:00
場所:長太郎池 (海況不良などの場合、阿古土方海岸に変更)
問い合わせ:04994-6-0410 (アカコッコ館)

また、8月16日で各海水浴場でのライフガードによる監視は終了となりました。
海に入る前に、波・うねりの状況や危険な生き物の確認をしっかりと行いましょう。(N)

P7140132.jpg
カツオノエボシ ※絶対に触ってはいけません。
海に入る前にこんなクラゲが打ち上がっていないか要チェック。
複数匹見つかるようであれば、違う場所で楽しみましょう(N)

posted by akakokko at 15:41| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月15日

「夜の森ウォッチング」を実施しました

8月13日にイベント「夜の森ウォッチング」を開催しました。
昼の森では目に止まらない、
小さな生きものたちを探して出発です。

P8130098.JPG

ガサガサと大きな足を音を立てるカエル、
美しい網を張るクモ、
赤くてつやつやしているのはカメムシの幼虫?

P8130106.JPG

そして「動く枯れ枝」のトゲナナフシ。
これは見事、人気者でした。

P8130131.JPG

セミも羽化も見られました。
近くにクモの巣があるぞ・・・注意、注意。

P8130111.JPG

月を望遠鏡に入れて、クレーターの観察も。
画面いっぱいの半月に歓声。

この夜の森ウォッチングは8月20日にも開催予定です。
参加者募集中です!(O)
posted by akakokko at 09:29| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月08日

山田陽治さんと磯遊びを開催しました

P8071731.jpg
8月6日(土)と7日(日)の2日間、山田陽治さんと一緒に
土方海岸で磯遊びを行いました。

土方海岸ミニミニ水族館の設置を目指して
参加者みんなで生き物を集めます。
まずは、危険な生き物や生きもの捕まえる際に守ってほしいルールを紹介。

ひっくり返した石は元通りに。
サンゴの上に立たない事。
岩の隙間に隠れている生き物を無理やり引っ張り出さない事。
などなど。

さっそく、生き物集めに出発です。

P8071738.jpg
あっという間にいろんな生き物が集まり
立派な水族館が出来上がりました。

P8061676.jpg
ウニのとげに触ってみたり、アメフラシに触ってみたり、
大人も子どもも初めて見るいろんな生きものに興味深々です。

一通り、観察した後は元いた場所に返して終了です。

恰好良い生き物、かわいい生き物、怖い生き物、
へんてこな生き物、気持ち悪い生き物など
これからも身の回りにいるいろんな生き物に興味を持って
親しんでくれればうれしいです。
山田さん、参加者の皆さんありがとうございました。(N)

P8061721.jpg
参加者に人気だったカラスキセワタ(ウミウシの仲間)の卵
posted by akakokko at 12:37| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする