2017年07月22日

楽しみ盛りだくさん!夏のアカコッコ館

夏真っ盛り!森も海も楽しめるアカコッコ館のイベントで楽しもう。

osakana2017.jpg
まずは、夏の人気イベント「おさかな教室」!
海辺にレンジャーが常駐し、箱メガネの無料貸し出しや
図鑑を用意してお持ちしております。
また、ミニ観察会などのイベントも実施します。

おさかなをはじめとした海の生きもの博士をめざそう!
8/20には海岸磯遊びのイベントも開催します。こちらもお楽しみに!
kaiganisoasobi2017.jpg

yorunomori2017.jpg
また、「夜の森ウォッチング」も開催します。
昼とは違う夜の森の生き物との出会いを楽しみましょう。

P7180227.jpg
昨年撮影

夏はアカコッコ館内の観察コーナーからの野鳥の観察もおススメです。
アカコッコの幼鳥も涼を求めて、頻繁に水浴びにやってきます。
他にもたくさんの野鳥がやってきますよ。

夏休み期間(8/31まで)は無休で開館しています。
野鳥の可愛らしい姿を見に来てくださいね。(N)
posted by akakokko at 16:23| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月15日

釜方海岸で海浜教室を行いました。

s-IMG_0393.jpg

7月10日、三宅小学校1〜4年生の海浜教室に講師として協力しました。
天気はまさに海浜教室日和。
まずは磯で気を付けることなど、全体のレクチャーです。

s-IMG_0399.jpg
生きもの探しをはじめる前に、全員で海岸のゴミ拾い。
ゴミ袋はあっという間にいっぱいになりました。

s-P7100332.jpg
いよいよ低学年、中学年に分かれて生きもの探しです。

s-P7100336.jpg
低学年は浅い場所でカニやヤドカリを中心にアメフラシ、ナマコ、魚の稚魚まで、
いろいろな生き物を捕まえ、観察しました。

s-IMG_0401.jpg
中学年はもう少し深い場所で活動。ミヤコキセンスズメダイやホンソメワケベラなど魚を捕まえた子もいました。

s-IMG_0403.jpg
種類別に分けて観察

最後は海に生きものたちを返して終了です。
 
子どもたちはこちらの予想以上にいろいろなものを見つけてくれました。
磯で気を付けることや生き物の探し方・扱い方など、この日学んだことを生かして、これからも海の生き物たちに親しんでほしいものです。

学校の授業で海の生き物が観察できるのもきれいな海が身近にあるからこそ。
三宅島の綺麗な海、大切にしていきたいですね。K

posted by akakokko at 15:15| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月12日

三宅島のサンゴは非常に良い状態でした

201707080_04.jpg

7月8日(土)にサンゴの調査(リーフチェック)を
ボランティアダイバー、サンゴの専門家と協力して実施しました。

リーフチェックは世界共通の基準で行う
サンゴ礁の健康度を図る調査で、1997年から行われています。
三宅島にはサンゴ礁はないものの、
伊豆諸島最大のテーブル状サンゴ群集があることや
サンゴ礁域とサンゴ群集域の境に位置し、
変化を見るために1998年より実施しています。

201707080_01.jpg
まずは、ブリーフィング。
リーフチェックの意義や調査方法などを講師より教わります。

調査地は島の西側にある伊ヶ谷カタン崎沖と南西部の富賀浜。

201707080_02.jpg
海底に100メートルの調査ラインを引き
調査ライン直下が何で構成されているかを調べます。

201707080_03.jpg
また調査ライン両サイド2.5メートルの5メートル幅で見られた
調査対象種の海水魚や無脊椎動物(ウニ、貝、エビなど)を
数えて記録していきます。

201707080_05.jpg
富賀浜のテーブル状サンゴ群集

気になる結果は・・・。
カタン崎、富賀浜ともに前回調査した時より
サンゴが増えていました。
また、サンゴ食の巻貝やオニヒトデ、その食痕なども見当たらず、
サンゴの生息環境として健全な状態を保っていました。

この美しいサンゴをいつまでも楽しめるよう、
これからも海を大事にしていきたいですね(N)

201707080_06.jpg
調査に協力してくれた皆さま、ありがとうございました!
posted by akakokko at 13:46| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月30日

7月8日(土)のサンゴ調査。協力者募集中です。

明日、7月1日(土)に実施予定だったサンゴ調査ですが、
海況不良が予想されるため、中止としました。

翌週の7月8日(土)に延期して実施しますので
調査に協力してくれる方を募集します。

RC0708.jpg

三宅島のサンゴを楽しく調べてみたいという方、
ご参加お待ちしております。
posted by akakokko at 14:17| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月23日

長太郎池で海浜教室を行いました。

P6230346.jpg
今日は、とっても良い天気の中、
三宅小学校5・6年生の学年行事「海浜教室」を行いました。

昨年までは1年生から6年生まで一緒に釜方海岸で行っていましたが
5・6年生は、よりシュノーケルでの海水魚の観察に適した長太郎池で
行うことになりました。

校長先生・レンジャーからのお話・準備体操を終え、いよいよ海へ。

P6230331.jpg
まずは箱メガネを使い、ごく浅い所での生き物探しです。
冷たい!カニがいた!アメフラシ!などなど
聞こえてくる声もにぎやかです。

そんな中、キラッと青く輝くおさかなが出現。
P6233176.jpg
ミヤコキセンスズメダイです。
今年はずいぶん早い時期からお見えです。

海にも慣れてきたところで一度上がります。

いよいよ、今日の本番。長太郎池のおさかなマップの作成です。
map.jpg
指定した10種の生きものを探します。

一班5〜6人で5つの班を事前に作ってもらい
児童ひとりひとり調べる生きものを決めました。

P6230367.jpg
レンジャーから生きものごとの特徴を説明し、もういちど海へ。
シュノーケルしながら探します。
長太郎池全体を30分ほど探した後は、班ごとに配られた長太郎池の地図に
それぞれの生きものの分布・数をシールで落としていきます。

P6233182.jpg
指定された生き物以外にも気になる生き物がいれば
図鑑で調べて、それも地図に記録していきます。

P6230374.jpg
完成〜。5つの長太郎池の生きものマップが出来上がりました。
シールの色でどんな生き物なのかが分かります。
※例:白はオヤビッチャ。
長太郎池の生き物の分布や生息数が一目瞭然です。

今回、たくさん見られた魚や全く見つからなかった魚、
たくさん見つけられた子、あんまり見つけられなかった子さまざまです。
でも観察を続けていくことで、
誰もがもっとたくさんの生き物との出会いや
発見を見つける事ができるでしょう。

海に囲まれた三宅島。
これからも海の自然を楽しみながら、
たくさん学んでいってほしいと思います(N)
posted by akakokko at 16:05| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月15日

野鳥画家・谷口高司さんのタマゴ式鳥絵塾を開催

6月10日、11日に野鳥画家・谷口高司さんのタマゴ式鳥絵塾を開催しました。
s-s-P6100246.jpg
10日は神着の老人福祉会館でアカコッコの絵を描きました。s-s-P6110271.jpg
11日の午前中はアカコッコ館でカンムリウミスズメの絵を描きました。
s-s-P6110275.jpg
午後はここぽーとでアカコッコの絵を描きました。
s-s-P6110278.jpg
谷口先生がタマゴ式で、鳥の体の構造を説明しながら丁寧に教えてくださったので、みなさん上手にアカコッコやカンムリウミスズメの絵を描くことができました。
タマゴ式を覚えておくとこれからどんな鳥も上手に描くことができるかも?

s-s-P6110286.jpg
お絵かきが終わった後はレンジャーによるレクチャーです。
10日はアカコッコの保護活動、11日午前中はカンムリウミスズメの保護活動、11日午後は三宅島の自然情報についてでした。

最後は谷口先生と参加者全員で自分の作品を持って記念撮影
s-s-P6100247.jpg
10日
s-s-P6110275.jpg
11日午前中
s-s-P6110296.jpg
11日午後

これで、三宅島バードアイランドフェスティバル2017のイベントはすべて終了です。
期間中、イベントに参加してくださった皆様、ご来館いただいた皆様、ありがとうございました。

三宅島バードアイランドフェスティバルが終わったからといって
鳥がいなくなるわけではありません。
カラスバトはむしろこれからが見やすい時期です。
さまざまな鳥の巣立ちビナもでてくるでしょう。
引き続き、三宅島でバードウォッチングをお楽しみください。
posted by akakokko at 14:35| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月08日

6月中旬以降のイベントのお知らせ

三宅島バードアイランドフェスティバルも、
いよいよ今週末の谷口高司さんのタマゴ式鳥絵塾で終了です。
タマゴ式鳥絵塾、まだ空きがございます。
ご家族そろってたくさんの方のご参加お待ちしております!

tamago_taniguchi2017_02.jpg


アカコッコ館では三宅島バードアイランドフェスティバル以降も
・三宅島のウミガメ調査隊になろう
・ミヤケヘビギンポ観察会
・海岸植物観察会
とイベントを沢山用意しております。
アカコッコ館の初夏のイベントで三宅島の自然を満喫してみませんか(N)

umigame2017.jpg
※三宅島周辺の海でよく見られるウミガメ。実は三宅島で産卵もしています。毎年産卵調査を行っていますが、その調査に協力してくれる方を募集しています。調査に興味のある方、ぜひご参加ください。

miyakehebi2017.jpg
※三宅島の名前の付いた小さな海水魚「ミヤケヘビギンポ」。三宅島で発見されたお魚です。繁殖期の今、オスは体の色を鮮やかに変化させ、メスに求愛します。ごく浅いところで見られるので、小さなお子さんでも安心して観察を楽しむことができます。
※申し込み締め切りを6/22(木)に延長しました!

kaigan2017.jpg
※この季節、海岸を彩る海岸植物。潮や風、高温と過酷な環境で育つ海岸植物の知恵を見てみよう。
posted by akakokko at 15:01| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月03日

アカコッコのさえずり大合唱を楽しみました

5月21日(日)と今日、朝4時からの観察会を
大路池と薬師堂で行いました。
※薬師堂は3時50分スタート

かなり早い時間帯の観察会ということもあり
参加者がいるのかと少し不安でしたが、
多くの方に参加してもらえました。

IMG_0309.jpg

スタ―ト時には懐中電灯が必要なほどの暗闇ですが、
明るくなるにつれ、複雑になっていく野鳥たちのさえずりコーラスに
皆さん驚いていました。

また、島に住んでいる人でもあまり聞くことのない
アカコッコの日の出前の大合唱を堪能することができました。(N)

soutyou.gif
どの鳥が一番早起きかな?聞こえてきた鳥の名前と時間を記録します。

P6030111.jpg
可愛らしい参加者も頑張って記録をつけています。
posted by akakokko at 11:57| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月02日

タマゴ式鳥絵塾 小さなお子様でも参加できるようになりました

tamago_taniguchi2017_02.jpg

10日(土)・11日(日)に開催の谷口高司さんの「タマゴ式鳥絵塾」
小学生未満のお子様でも楽しめるプログラムをご用意しました。

今まで、小さな子どもがいるので参加できないと
悩んでいた方も、ご家族そろってお楽しみいただけます。

また、描く野鳥もアカコッコとカンムリウミスズメの2種類。
複数回参加して両方描くのも良し、片方だけでも良し、
三宅島を代表する野鳥のイラスト作成をお楽しみください。

鳥絵塾と併せてレンジャーによる「アカコッコ保護活動」、
「カンムリウミスズメ」、「三宅島の野鳥を中心とした自然情報」の
お話をスライドを用いながら紹介します。

三宅島の自然の基本情報を知る良いチャンスでもあります。
日曜の午後にも開催しますので、観光関係者の方などにも
参加しやすい形になっております。
多くのご参加お待ちしております!

タマゴ式鳥絵塾でアカコッコとカンムリウミスズメを描いてみよう
詳細--------------------------------------------------
対象:どなたでも 定員:各回定員20名(要申し込み 6/9締め切り)
参加費:大人300円(65歳以上100円)、中学生以下50円、未就学児無料。
●6月10日(土) 14:00〜16:00  神着老人福祉会館
(レンジャーの話はアカコッコ保護活動)
●6月11日(日) 9:00〜11:00 アカコッコ館
(レンジャーの話はカンムリウミスズメ)
●6月11日(日) 14:00〜16:00  阿古港船客待合所
(レンジャーの話は三宅島の自然情報)
------------------------------------------------------
posted by akakokko at 17:43| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月01日

6/10〜11と6/17〜18に鳥類繁殖分布調査を実施します。

birdatlastokyo.jpg

現在、全国で鳥類の繁殖状況を調べるため、
環境省とNGO、大学の研究者で共同して、
全国鳥類繁殖分布調査を実施しています。

この調査は
近年問題とされているヤブに住む鳥の減少、
外来鳥の分布の拡大、
温暖化に伴う繁殖状況の変化などを調べたリ
日本の生物多様性の評価やレッドリストの改訂に使われる調査です。

三宅島でも6/10〜11、6/17〜18にかけて調査員が来島し、
野外調査を行います。
この調査に興味のある方は下記の連絡先までご連絡ください。

また、島で生活している方の観察記録も募集しております。
三宅島島内でみた鳥や鳴き声を確認した鳥の種名と場所を
教えてください。
詳しくはこちらのPDFをご覧ください。
三宅島での繁殖状況アンケートチラシ(PDF)

※東京都鳥類繁殖分布調査
東京都内で繁殖している鳥を奥多摩から都心部、島しょに至るまで調べる調査が開始しました。
三宅島も以下の日程で野外調査を行います。調査に同行する事もできますので、興味のある方は是非、
ご連絡ください。また、皆様が目撃した鳥の情報もお寄せ下さい。詳しくはアカコッコ館にある、チラシをご覧ください。
開催日6月10日、11日、17日、18日
問い合わせ先:bbs@bird-research.jp
-------------------------------------------------
posted by akakokko at 10:34| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする