2018年06月20日

このキジはどこから?

20180616.jpg

先週末、新澪池跡付近でキジのつがいを見かけました。
国鳥でもあるキジですが、三宅島では実は外来種。

1959年2月に20羽ほど入れたという記録が残っています。
しかし記録にあるのは、胸やお腹が茶色で首に白い線のあるコウライキジ

三宅島で見られるキジは胸やお腹が緑色のいわゆる日本キジ

間違って記録されたものなのか、
コウライキジとは別に入ったものなのかは不明です。
しかしコウライキジを三宅で見たことがないため、
記録する際に間違ったのかもしれませんね。

さてこのキジ、近年ずいぶん減ったと島の方より言われます。
イタチ?野良猫?それともほかの要因?
三宅島の地区によっても差があるのか少し気になるところです。(N)
posted by akakokko at 16:14| 自然情報トピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月16日

フェスティバルは終了しましたが。

4月14日(土)から6月10日(日)までの約2ヶ月間実施した
「三宅島バードアイランドフエスティバル」たくさんのお客様に
ご利用いただきありがとうございました!

フェスティバルは終了しましたが、
三宅島の野鳥はまだまだ本番中。

IMGP8086.jpg

期間中、例年より少なかったカラスバトですが、
これからの時期は好物のタブの実が熟し、
それを求めて出てくるので見やすくなることでしょう。

また、さまざまな野鳥の幼鳥もよく見られており、
まだあどけないしぐさを楽しむにも良い時期です。

ひきつづき“バードアイランド三宅島”の野鳥をお楽しみください!(N)
posted by akakokko at 10:22| 自然情報トピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月29日

三宅島初記録 チゴモズ

5月26日、島内のバードウォッチャーさんから「林道で見たことのない鳥がいたんだけど、何かな?」と写真が渡されました。
その写真を見てビックリ!
そこに写っていたのは、チゴモズでした。

IMG_0685_s.jpg
提供:島内バードウォッチャーさん

チゴモズは三宅島では初記録です。
その後レンジャーが探しに行きましたが、残念ながら見つけることができませんでした。

ひと通り渡り鳥がやってきたと思っていましたが、まだまだ記録されていない野鳥がやってきているとは。
まだまだ島内の野鳥観察に気が抜けません!(S)
posted by akakokko at 15:02| 自然情報トピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月17日

アカコッコの幼鳥が見られています。

今日、アカコッコ館の観察コーナーで観察していた方から
「アカコッコの幼鳥がいたよ〜」と写真を見せてもらいました。

D50_7915_resize.jpg
提供:島外バードウォッチャーさん


体の大きさは大人のアカコッコとほとんど変わりませんが
まぎれもないアカコッコの幼鳥です。

幼鳥の体にはまだら模様があり
まだアカコッコではなくマダラコッコといったところでしょうか

親に餌をねだったり、一生懸命後ろをついて
動き回っていたとのことです。

ほかにもオーストンヤマガラの幼鳥なども見られているようです。

巣立った幼鳥たちははじめて見る外の世界に興味津々。
警戒心もなく近づいてくることもありますが、
幼鳥を見守る親たちはそんな様子にドキドキしている事でしょう。
距離を置いて静かに優しく観察してくださいね(N)
posted by akakokko at 15:58| 自然情報トピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月04日

今年もやってきました

20180504_naito_seitaka_dai.jpg
セイタカシギ。右はダイサギ

大路池にセイタカシギとアカガシラサギがやってきました。
深緑の湖面に佇む様子は時にハッとするほど美しく見えます。

少し珍しめの野鳥ですが、ともにこの数年、毎年のように
渡りの時期に見られています。
さてさて今年はいつまで見られるでしょうか

水際にいることが多いのでそこに
注意すると見つけやすいと思います(N)

20180503_naito_akagasira.jpg
きれいな夏羽のアカガシラサギ。名前の通り赤い頭です。
この時は樹上にいましたがしばらくすると水際に降りてきました。
posted by akakokko at 14:36| 自然情報トピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月03日

島内各地で見られています

4月21日に伊豆岬にて今シーズン初確認のウチヤマセンニュウ。

現在は伊豆岬に限らず、サタドー岬や富賀浜、湯の浜、
沖原海岸、今崎海岸など島内各地でよく見られています。

まだ、確認に行ってはいませんが、三池浜や新澪池跡でも
おそらく鳴いていることでしょう。

圧倒的に多いのは伊豆岬ですが、
当日の風向きや探鳥プランにあわせて、
他の場所でも探すときっと見つかることと思います。

個人的には夕方、ふるさとの湯(今崎海岸)で温泉に入りながら
ウチヤマセンニュウのさえずりを聞くのが大好きです。
きれいなウチヤマセンニュウのさえずりを
みなさんも楽しんでくださいね。(N)

20180502naito.jpg
左下にウチヤマセンニュウ。
5月2日撮影(今崎海岸)、ほかオオヨシキリも鳴いていました。
posted by akakokko at 11:55| 自然情報トピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月30日

ずいぶん早めの来島です

昨日、ホトトギスの声を聞いたよと
島の方より連絡をいただきました。

他にもホトトギスらしき姿をみたとの情報もあり
来島は間違いなさそうです。

しかしずいぶん早めの来島だなと過去の記録を調べてみると
三宅島での確認はほぼ5月中旬。
八丈島でも同様との事です。

ただ、三宅島では2015年に今回とほどんど一緒(5/1)の記録がありました。

これからどんどん増えてよりにぎやかな三宅島になっていくことでしょう。


他の渡り鳥では
シギチドリの仲間やオオヨシキリ、コムクドリ、ホオアカなども見られています。
5月5日(日)には島をぐるっとひと回り。
さまざまな環境で渡り鳥を探すイベントを開催します。
まだ、空きがありますのでご参加お待ちしております。

20180423.jpg
ムナグロ

20180428_01.jpg
チュウシャクシギ

20180428_02.jpg
キョウジョシギ
posted by akakokko at 08:32| 自然情報トピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月21日

ウチヤマセンニュウもやってきました

201705_naito.jpg
2017年撮影。

三宅島を代表する野鳥のひとつ
ウチヤマセンニュウの飛来を確認しました。

確認日は4/21、場所は伊豆岬です。
チュルリチュリチュカという懐かしいさえずりを
伊豆岬灯台ちかくのあずまやから数カ所で聞くことが出来ました。
姿を確認する事はできなかったのですが、
じきにたくさんのウチヤマセンニュウがやってきて
その姿とさえずりを楽しませてくれるでしょう。(N)


ウチヤマセンニュウのこの数年の飛来日は以下の通り。
今年は昨年とほぼ同じ記録になりました。

2017年:4/20
2016年:4/13※
2015年:4/19
2014年:5/1
2013年:4/25
2012年:4/26
2011年:4/30
2010年:5/3

※この日以降確認されず、連続して確認されるようになったのは4/24以降のため、この個体は通過して行ったものと思われます。
posted by akakokko at 12:06| 自然情報トピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月27日

イイジマムシクイ飛来!

3月26日(月)アカコッコ館周辺でイイジマムシクイのさえずりが聞かれました。
そして、本日も土佐林道で聞かれました。
これから森の中はイイジマムシクイのさえずりでいっぱいになるでしょう。
楽しみですね。

s-6-120519 (3).jpg
※2010年撮影

※2007年からのイイジマムシクイの初認記録です。
今年は去年に比べると一週間ぐらい早いようです。
・2017年…4月2日
・2016年…3月30日
・2015年…3月27日
・2014年…3月27日
・2013年…3月20日
・2012年…3月30日
・2011年…4月6日
・2010年…3月23日
・2009年…3月28日
・2008年…4月1日
・2007年…3月30日
posted by akakokko at 17:58| 自然情報トピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月06日

オオミズナギドリとアホウドリの群れ

3月に入りオオミズナギドリの群れが三宅島近海に戻って来ました。
その群れの中にアホウドリが多く見られています。
s-DSC_7443.jpg

s-DSC_7441_00001.jpg

昨年は3月末のこのような光景が見られていましたが
今年はすでにアホウドリの群れが来ているようです。

例年3月末から4月中旬ごろがいちばんよく見られる傾向にありますが
今年はどうなるでしょうか。
今後に注目です。K
posted by akakokko at 11:56| 自然情報トピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする