2017年02月28日

野鳥リスト(2017年2月21日〜2017年2月27日)

久しぶりに西風から北東の風に変わり、空気も冷たくなりました。
ミソサザイのさえずりがよく聞こえるようになりました。
s-niji.jpg
雨もよく降りました。おかげで虹も見られました。

◎2017年2月21日〜2017年2月27日に三宅島および近海で確認した野鳥(28種)
カルガモ、カイツブリ、キジバト、オオバン、ヒメウ、ウミネコ、オオセグロカモメ、セグロカモメ、ミサゴ、ノスリ、コゲラ、モズ、ハシブトガラス、ヤマガラ、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、メジロ、ミソサザイ、シロハラ、アカコッコ、ルリビタキ、イソヒヨドリ、スズメ、カワラヒワ、ウソ、ホオジロ、コジュケイ


posted by akakokko at 15:52| 野鳥リスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月25日

春の気配

ウグイスやミソサザイなどのさえずりが聞こえるようになり、
いつの間にか森の中も春らしくなってきました。

キブシの花が咲き始めました。
s-DSC_3059.jpg
房の下のほうはまだ咲いていません。来週あたり満開になるでしょうか。

オオバヤシャブシはまだ咲いていませんが、つぼみが膨らんでいます。
よく見ると、形が長ぼそいものと丸っこいものと、2パターンがあります。
s-DSC_3073.jpg
長ぼそいほうが雄花。雄花は咲きそうなものがちらほら。
s-DSC_3076.jpg
丸っこいほうが雌花。雌花が咲くのはまだ先のようです。

これからいろいろな花が咲く季節です。
来週はどんな花が見られるか、楽しみですね。(K)
posted by akakokko at 16:55| 野鳥リスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月21日

野鳥リスト(2017年2月14日〜2017年2月20日)

ときおりとても寒い日になることがありますが、坪田地区でもウグイスのさえずりが聞こえてきました。
春はもうすぐそこですね。

◎2017年2月14日〜2017年2月20日に三宅島および近海で確認した野鳥(29種)
カラスバト、キジバト、ヒメウ、ウミウ、イソシギ、ウミネコ、オオセグロカモメ、トビ、ノスリ、コゲラ、モズ、ハシブトガラス、ヤマガラ、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、メジロ、ミソサザイ、アカコッコ、ツグミ、コマドリ、ルリビタキ、ジョウビタキ、イソヒヨドリ、ハクセキレイ、カワラヒワ、マヒワ、ホオジロ、コジュケイ
posted by akakokko at 16:54| 野鳥リスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月19日

アカコッコ復活大作戦!イベントを開催します

チラシ_01.jpg
3月11日(土)・12日(日)に
三宅島自然ふれあい大使の江戸家小猫さんをお招きして
アカコッコの島 復活大作戦!イベントを実施します。

11日(土)は小猫さんの楽しいお話も交えながら、
昨年5月に実施したアカコッコ調査の報告や
今後、アカコッコを増やすためにどうしていけばよいのかを
考えます。

12日(日)はアカコッコを増やすためのひとつの方法である
アカコッコが好む森づくり作業を実際に体験します。

チラシ_02.jpg
近年、少しづつアカコッコは増えてきていますが
実はまだまだ、ピーク時の1/4!※
以前のようなアカコッコでいっぱいの島からは
程遠い状況です。

アカコッコの島 復活大作戦!
ご参加・ご協力お待ちしております!(N)

※伊豆岬の1978年と2016年の個体数の比較結果より。

このイベントのチラシデータはこちらよりダウンロードできます。
アカコッコの島復活大作戦イベントチラシデータ
posted by akakokko at 11:13| アカコッコを守る取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月18日

出前講座を実施しました

IMG_3743.jpg
昨日、伊豆老人クラブの定例会に参加させていただき
アカコッコ館の出前講座を開催してきました。

同じ島内においてもなかなかアカコッコ館に行く事が
できない方も多くいらっしゃいます。
そんな方たちにも、三宅島の野鳥の魅力を改めて知ってもらおうと
企画したものです。

IMG_3750.jpg
野鳥の身体的な特徴から始まって、世界の野鳥の数、日本の野鳥の数、三宅島で見られている野鳥の数などをクイズ形式で楽しみながらお話ししました。

また、三宅島の野鳥といえばアカコッコ。
アカコッコが置かれている状況やアカコッコの魅力、
昨年実施したアカコッコ個体数調査の事なども紹介してきました。

IMG_3762.jpg
皆さん、アカコッコへの愛は抜群で、
「アカコッコはもっともっと大事にしていかないとだめだよ。」など
うれしい意見もたくさんいただきました。

また直接話を聞くと良く分かったとの意見もたくさんいただきました。
普段、広報誌などで情報を送っていますが、直接伝えることの重要性を改めて感じました。

今後も年齢や交通事情など様々な事情で
アカコッコ館に行くことができない方たちに向けて、
出前講座を拡げていきたいと思います。

お気軽にお問い合わせください。(N)
posted by akakokko at 14:32| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月16日

にぎやかな群れ

このところ、アカコッコ館の観察コーナー周辺では
毎朝マヒワの群れがにぎやかに鳴いています。
他の鳥の声をかき消してしまうほどです。

s-mahiwa.jpg

しかし、木々の間を行ったり来たり
常に動き回っているので
姿はなかなかじっくりと見ることができません。
水浴びをしているときがマヒワを観察するチャンスです。

s-mizuabi.jpg

今日は暖かく、水浴びびよりだったようです。
ミソサザイもマヒワの群れにまけずにさえずっていました。
そろそろ、観察コーナーの顔ぶれも変わってくる頃でしょうか。(K)



posted by akakokko at 16:56| 自然情報トピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月15日

ミサゴの獲物は?

ピヨッ ピヨッ という声が上空から聞こえるので
空を見上げると、大きな魚を持ったミサゴが飛んでいました。

s-misago.jpg

魚の大きさはミサゴの体長くらいありそうです。
何の種類でしょうか?
拡大すると・・

s-魚.jpg

尾びれが大きく二股に分かれています。
ミサゴがよく食べるボラではなさそうです。
アジのなかまでしょうか。
残念ながら頭はかじられた後のようです。
もし、わかる方がいらっしゃいましたら教えてください。
新鮮そうな魚を持ったミサゴを見ると
刺身が食べてくなってしまいます。(K)

posted by akakokko at 15:59| 自然情報トピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月14日

野鳥リスト(2017年2月7日〜2017年2月13日)

にわか雨が多い一週間でした。アカコッコ館周辺ではヤマガラやシジュウカラ、メジロなどのさえずりがよく聞こえるようになってきました。

◎2017年2月7日〜2017年2月13日に三宅島および近海で確認した野鳥(32種)
カイツブリ、カラスバト、キジバト、ヒメウ、ウミウ、オオバン、セグロカモメ、オオセグロカモメ、ミサゴ、ノスリ、コゲラ、モズ、ハシブトガラス、ヤマガラ、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、メジロ、ミソサザイ、シロハラ、アカコッコ、ツグミ、ジョウビタキ、コマドリ、イソヒヨドリ、スズメ、ハクセキレイ、カワラヒワ、マヒワ、ウソ、ホオジロ、コジュケイ
posted by akakokko at 15:38| 野鳥リスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月11日

竜巻発見

昨日(10日)の11時半ごろ、三七山の沖の方向に、竜巻を見つけました。
s-tatumaki.jpg

見ているとだんだんと薄くなり、
5分くらいで渦がほどけるように消えてしまいました。
この日は低気圧接近のため、定期船も欠航になっていました。
こちら側は風下で海も荒れているようには見えませんでしたが、
大気の状態は不安定だったのでしょう。
近くで見たら恐ろしいでしょうが、
遠くから見る竜巻はなんとも神秘的でした。(K)


posted by akakokko at 13:28| 自然情報トピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月09日

火山の勉強会を行いました。

2月5,6日、2日間にわたって自然ガイドのための勉強会が行われました。
今回は元三宅高校の地学の先生をお招きして、
三宅島の火山について学びました。

1日目の午前中は途中、実験をはさみながら
楽しく噴火の仕組みを学びました。
s-P2050213.jpg

s-P2050222.jpg
ココアと練乳を使ったカルデラの形成実験。
(実験後はおいしくココアをいただきました)

午後は火山灰の分析を体験しました。

s-P2050237.jpg

s-P2050239.jpg
サンプルの土を丹念に洗い、鉱物だけを取り出して乾燥させ、顕微鏡で観察しました。

2日目の午前中は、実際にフィールドに出て学びました。
s-P2060258.jpg
ひょうたんやまでのフィールド学習。赤い色は火口が近かったことを示しています。
s-P2060272.jpg
長太郎池の地層

島中が火山の博物館のような三宅島。
普段からよく見る景観も実際に現場で説明していただくことで、
その意味や歴史について知ることができました。

三宅島の火山についてより深く学ぶことができた2日間となりました。(K)





posted by akakokko at 15:13| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする