2016年10月29日

不思議な朝

島の南西部にある今崎海岸で出勤前に鳥を探してきました。
10月中旬頃にはノビタキがよく見られましたが、最近は見られていません。
もう行ってしまったのかなと少しさみしい気持ちで探していると
地面に見慣れない鳥が。

20161029_01.jpg

20161029_02.jpg

2羽の小鳥が夢中で餌をついばんでいます。
ホオジロの仲間に似ているな〜。
ホオジロよりちょっとおおきいな〜
声は全然ホオジロっぽくないな〜
などなど思いつつ観察して、写真に収めました。

20161029_03.jpg

観察中、驚かせてしまったのか飛び立ちましたが、
その着地した場所を見ると、またまた普段目にしない鳥。
これは身近な野鳥としても有名なヒバリです。
でも三宅島では1993年のアカコッコ館オープン以来、
今回で3度目の記録。珍しい鳥です。

その後、謎の鳥を図鑑で調べると、
シラガホオジロのペアで間違いなさそうです。
三宅島では初記録となりました。

それにしても、普段目にしない鳥が一度に2種類も見られるとは
なんとも不思議な朝でした。
もしかしたら、もっと探してみると色々きているのかもしれませんね。(N)
posted by akakokko at 16:18| 自然情報トピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月25日

野鳥リスト(2016年10月18日〜10月24日)

カモの種類が増え、オシドリが10羽ほどの群れで観察されています。冬鳥のジョウビタキも確認されました。

◎2016年10月18日〜10月24日に三宅島および近海で確認した野鳥(46種)
マガン、オシドリ、ヒドリガモ、カルガモ、コガモ、スズガモ、カラスバト、キジバト、オオミズナギドリ、ゴイサギ、ササゴイ、ダイサギ、チュウサギ、コサギ、バン、オオバン、アマツバメ、ムナグロ、イソシギ、キョウジョシギ、ミサゴ、トビ、アオバズク、コゲラ、チョウゲンボウ、ハヤブサ、モズ、ハシブトガラス、ヤマガラ、シジュウカラ、ツバメ、イワツバメ、ヒヨドリ、ウグイス、メジロ、ミソサザイ、アカコッコ、コマドリ、ジョウビタキ、イソヒヨドリ、スズメ、キセキレイ、ハクセキレイ、アトリ、ホオジロ、カシラダカ、コジュケイ

osidori.jpg
大路池で休むオシドリ。警戒心がとても強くなかなか近寄らせてくれません。

さたどー岬ハヤブサ縮小.jpg
ヒヨドリの群れを追ってきたのか、ハヤブサも現れました。



posted by akakokko at 15:31| 野鳥リスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月18日

野鳥リスト(2016年10月12日〜10月17日)

渡りの鳥ではオオバンが30羽ほどに増え、ノスリやノビタキもやってきました。
一方、穏やかな日が続いたためか、
留鳥のミソサザイやヤマガラ、ウグイスがさえずっていました。

◎2016年10月12日〜10月17日に三宅島および近海で確認した野鳥(43種)
マガン、オシドリ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、コガモ、カイツブリ、カラスバト、キジバト、オオミズナギドリ、ゴイサギ、ササゴイ、チュウサギ、コサギ、バン、オオバン、ムナグロ、クロハラアジサシ、ミサゴ、ノスリ、アオバズク、コゲラ、チョウゲンボウ、モズ、ハシブトガラス、ヤマガラ、シジュウカラ、ツバメ、ヒヨドリ、ウグイス、メジロ、ミソサザイ、アカコッコ、コマドリ、ノビタキ、コマドリ、イソヒヨドリ、スズメ、キセキレイ、ハクセキレイ、アトリ、ホオジロ、コジュケイ

IMGP6665.jpg
冬を三宅島で過ごすオオバン。17日には30羽ほどになりました。

IMGP6763.jpg
春と秋にやってくるノビタキ。海岸の草地で見られています。
posted by akakokko at 12:04| 野鳥リスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月14日

クロハラアジサシ現る

大路池でクロハラアジサシが見られています。
三宅島では春と秋の渡りの時に時々見られる渡り鳥です。
照葉樹の森を背に舞う姿は優雅です。
桟橋の杭の上にとまっていて、間近でみられることもありますので、近くで見つけたら脅かさないようにしてくださいね。
アカコッコ館では双眼鏡も無料で貸し出しています。
ぜひ、お立ち寄りください。K
kurohara_kurokawa01.jpg

kurohara_kurokawa03.jpg

kurohara_kurokawa02.jpg
posted by akakokko at 17:01| 自然情報トピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月12日

久しぶりの穏やかな日

風もなく、明るい陽射しの朝。
こんな朝は何日ぶりでしょう。出勤前に少し鳥を探してきました。

20161012_03.jpg

20161012_01.jpg

20161012_02.jpg

海岸の草地にはノビタキやムナグロの姿。
モズも良く鳴いています。
時折、ヒヨドリの群れも見られます。
このところ荒模様のお天気が続いていたので、
穏やかになる日をじっと待っていたのかもしれません。
数十から100羽ほどの群れが神津島の方に渡っていきました。

大路池ではオオバン、バン、カルガモ、コガモ、マガンの姿。
姿は見当たりませんでしたが、
「ピーエー」と、のどかなノスリの声も聞こえてきました(N)。
posted by akakokko at 13:55| 自然情報トピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

野鳥リスト(2016年10月4日〜10月11日)

マガンやオシドリなどの水鳥のほか、冬の小鳥「アトリ」もやってきました。
20161011.jpg

◎2016年10月4日〜10月11日に三宅島および近海で確認した野鳥(42種)
マガン、オシドリ、マガモ、カルガモ、コガモ、カラスバト、キジバト、オオミズナギドリ、カツオドリ、ゴイサギ、ササゴイ、ダイサギ、チュウサギ、コサギ、バン、オオバン、ハジロコチドリ、イソシギ、クロハラアジサシ、ミサゴ、トビ、アオバズク、コゲラ、モズ、ハシブトガラス、ヤマガラ、シジュウカラ、ツバメ、イワツバメ、ヒヨドリ、ウグイス、メジロ、ミソサザイ、アカコッコ、コマドリ、イソヒヨドリ、スズメ、キセキレイ、ハクセキレイ、アトリ、ホオジロ、コジュケイ
posted by akakokko at 09:47| 野鳥リスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月09日

白黒のタカ「ミサゴ」がよく見られています

IMGP5353.jpg

IMGP5362.jpg

このところ海岸や大路池の上空でミサゴがよく見られています。
このミサゴ、主に魚を食べるタカで、
その名前の由来も水に飛び込む際の「ビシャ」という音、
「水を探る」から転じたなど諸説あります。

海に囲まれた三宅島では1年を通して見られますが
特に秋から冬の間によく見られます。

海上や大路池でカラスよりも大きく、翼が長い鳥が飛んでいたら
少し観察してみてはいかがでしょう。
ダイナミックに水面にダイブし、魚を獲る様子が見られるかもしれません(N)
posted by akakokko at 14:36| 自然情報トピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月06日

色鮮やかなオシドリもやってきました

20161006.jpg
大路池に美しいカモ「オシドリ」がやってきました。
特徴である銀杏羽もよく目立つオスです。

大路池で見られる他のカモに比べると、開けたところには出てきません。
見つけるコツは池にせり出した木の陰などを丹念に探すこと。
アカコッコ館では入館者には双眼鏡の無料貸し出しも行っています。
暑さもやわらぎ、過ごしやすくなった大路池で散策ついでに探してみませんか。(N)

ほか、この秋に大路池で見られている水鳥など。
ヒドリガモ、コガモ、カルガモ、オオバン、バン、ダイサギ、コサギ、ササゴイ、ゴイサギ。

20101003.jpg
オオバン。現在5羽ですが、例年100羽ほどになります。

20161005.jpg
バン。 オオバン、バンともにカモの仲間に似ていますが、違う仲間です。
posted by akakokko at 09:27| 自然情報トピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月04日

野鳥リスト(2016年9月27日〜10月3日)

三宅島で冬を過ごす水鳥たちが渡ってきました。
◎2016年9月27日〜10月3日に三宅島および近海で確認した野鳥(34種)
ヒドリガモ、カルガモ、カラスバト、キジバト、オオミズナギドリ、ウミウ、ササゴイ、ダイサギ、チュウサギ、コサギ、バン、オオバン、ハジロコチドリ、キアシシギ、イソシギ、コゲラ、モズ、ハシブトガラス、ヤマガラ、シジュウカラ、ツバメ、イワツバメ、ヒヨドリ、ウグイス、メジロ、ミソサザイ、アカコッコ、コマドリ、イソヒヨドリ、スズメ、キセキレイ、ハクセキレイ、ホオジロ、コジュケイ


posted by akakokko at 13:33| 野鳥リスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする