2014年09月30日

野鳥リスト(2014年9月28日)

伊豆岬の海岸線で、イソヒヨドリのオス、メスが同時に、8羽も姿を現しました。
きれいな声で鳴きながら飛んだり、追いかけたり、海岸の溶岩の上にとまったり、とてもにぎやかでした。
冬にむけての餌場を確保するための縄張り争いでしょう。
イソヒヨドリたちは元気いっぱいで、観察していると楽しくなりますね。(A)

◎2014年9月28日に三宅島および近海で確認した野鳥(11種)
キジバト、オオミズナギドリ、サンコウチョウ、ハシブトガラス、ヤマガラ、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、メジロ、アカコッコ、ホオジロ
posted by akakokko at 10:47| 野鳥リスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月28日

野鳥リスト(2014年9月27日)

台風の風が一日強く吹き付けています。
海岸では波が砕けて泡が鳥のように散っています。
岩の影で風をしのぐようにエサを採るシギたちの姿が見えました(O)

◎2014年9月27日に三宅島および近海で確認した野鳥(12種)
カルガモ、キアシシギ、イソシギ、キョウジョシギ、コゲラ、ハシブトガラス、ヤマガラ、シジュウカラ、ウグイス、メジロ、ミソサザイ、イソヒヨドリ
posted by akakokko at 09:46| 野鳥リスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月27日

野鳥リスト(2014年9月26日)

秋は空気が澄み渡り、星空も美しく見えます。
昨夕は新月で、天の川を渡るハクチョウ座がきれいに見られました。
秋の虫の音色も楽しみながら、秋の夜を満喫しましょう。(A)

◎2014年9月26日に三宅島および近海で確認した野鳥(13種)
モズ、ハシブトガラス、シジュウカラ、ツバメ、ヒヨドリ、ウグイス、メジロ、アカコッコ、イソヒヨドリ、スズメ、キセキレイ、ハクセキレイ、ホオジロ
posted by akakokko at 11:14| 野鳥リスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月26日

スズメがいっぱい

IMGP1299.jpg

島の北西部にある「伊豆岬」で鳥類調査を実施してきました。
ここは春と秋には、海岸ではシギやチドリ、草原ではノビタキなどが
見られるポイントです。

今日は風が強かったためか、それらの鳥は見つからなかったのですが、
たくさんのスズメが目を楽しませてくれました。

IMGP1323.jpg

ススキやエノコログサのタネなど、スズメの大好物が多いからでしょうか
10羽以上の群れが幾度となく現れ、
チュンチュンとにぎやかに食べていました。

実りの秋をスズメたちも満喫しているのでしょうね。(N)
posted by akakokko at 14:47| 自然情報トピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

野鳥リスト(2014年9月25日)

ハマコンギクが咲き誇っています。
ノコンギクの島嶼型で、伊豆諸島に自生しています。
明るい林や草原で、次々と花を咲かせ、春まで楽しめます。(A)

◎2014年9月25日に三宅島および近海で確認した野鳥(16種)
コガモ、カラスバト、ヨシゴイ、オオバン、モズ、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒヨドリ、メジロ、アカコッコ、イソヒヨドリ、スズメ、キセキレイ、ハクセキレイ、ホオジロ、コジュケイ
posted by akakokko at 10:25| 野鳥リスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月25日

野鳥リスト(2014年9月24日)

10数羽ほどのツバメが飛んでいるところを見かけました。
このツバメたちは三宅島よりも北の地方で子育てをして
越冬のために南下する途中、三宅島に立ち寄ったのでしょう。(N)

◎2014年9月24日に三宅島および近海で確認した野鳥(16種)
カラスバト、キジバト、イソシギ、コゲラ、モズ、ハシブトガラス、ヤマガラ、シジュウカラ、ツバメ、ヒヨドリ、メジロ、イソヒヨドリ、スズメ、キセキレイ、ハクセキレイ、ホオジロ


posted by akakokko at 09:58| 野鳥リスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月24日

野鳥リスト(2014年9月23日)

この時期の大路池の森の遊歩道では、ジョロウグモの巣がよく目立ちます。
巣の中にいる3pほどのメスの体をよく見ると、黄、緑青、虹色の鮮やかな模様があり、美しいです。
クモの巣の中を探してみると、1pほどのオス(褐色がかった黄色に縦縞)も見つかります。
立派なメスの大きな巣ですと、オスが複数いることもあります。
交尾はメスの脱皮直後やエサを食べているときに行われます。
これは、交尾時にメスがオスを食べてしまう危険があるからです。
ジョロウグモの観察は興味深いことがいっぱいですね。(A)

◎2014年9月23日に三宅島および近海で確認した野鳥(15種)
カラスバト、キジバト、モズ、ハシブトガラス、ヤマガラ、シジュウカラ、ヒヨドリ、メジロ、アカコッコ、イソヒヨドリ、スズメ、キセキレイ、ハクセキレイ、ホオジロ、コジュケイ
posted by akakokko at 09:38| 野鳥リスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月23日

秋のフッシュウォツチングを開催。

P9233146.jpg
今日、長太郎池で魚の観察会を実施しました。
「え?もう9月下旬なのに?」という声が聞こえてきそうですが、
この時期は夏と同じくらい水温が高いのです。
さらに春〜初夏に南の方で生まれ、黒潮にのってやって来る幼魚たちが
1年の中でも多くなるため、魚の観察にはベストな時期なのです。

下見を行った昨日はあいにくの曇り空にくわえ水温も低く、
もしかしたら本番時には30分も入れないかもと心配しましたが、
今日は一転して、暖かな日差しと高い水温のなか、
快適にフィッシュウォツチングを楽しむことができました。

P9233153.jpg

参加者は長太郎池の中で暮らす色とりどりのの魚や
群れで泳ぐ魚たちに目が釘付けになっておりました。

P9233148.jpg
たくさん見られたミヤコキセンスズメダイ。
P9233149.jpg
群れで泳ぐミナミハタンポ。

参加者からも「長太郎池って凄い」と感想を頂きました。
この凄い長太郎池をいつまでも楽しめるよう、大事にしていきたいですね。(N)
posted by akakokko at 14:59| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

野鳥リスト(2014年9月20〜22日)

スダジイの低い枝をよく見てみると、殻に包まれた若いシイの実がたくさんついていました。
もうじき、殻が割れて茶褐色の実が顔をだし、強い風が吹くと森の地面にポトリと落ちていきます。
森の恵みのシイの実をオーストンヤマガラなど野鳥たちが楽しみにしていることでしょうね。(A)

◎2014年9月20〜22日に三宅島および近海で確認した野鳥(24種)
コバモ、カラスバト、キジバト、メダイチドリ、キアシシギ、イソシギ、キョウジョシギ、ミサゴ、アオバズク、コゲラ、ハヤブサ、モズ、ハシブトガラス、ヤマガラ、シジュウカラ、ツバメ、ヒヨドリ、メジロ、アカコッコ、イソヒヨドリ、キセキレイ、ハクセキレイ、ホオジロ、コジュケイ
posted by akakokko at 10:33| 野鳥リスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月20日

野鳥リスト(2014年9月19日)

雨上がりの水たまりに、3羽のキセキレイ。
しっぽをフリフリ順番に水浴び。
終わったら道路の端に一列に並んで羽づくろい。やっぱり尾羽は振ったまま・・・。(O)

◎2014年9月19日に三宅島および近海で確認した野鳥(13種)
オオミズナギドリ、イソシギ、コゲラ、ヤマガラ、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、メジロ、アカコッコ、イソヒヨドリ、キセキレイ、ハクセキレイ、ホオジロ
posted by akakokko at 11:38| 野鳥リスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする