2017年01月24日

野鳥リスト(2017年1月17日〜2017年1月23日)

海辺では2種類のウ(ウミウ、ヒメウ)が見られています。また、久しぶりにカツオドリの姿も目撃されました。
s-DSC_3021_00029 (1).jpg
中央と左がウミウ、右下の2羽がヒメウ

◎2017年1月17日〜2017年1月23日に三宅島および近海で確認した野鳥(38種)
カイツブリ、カラスバト、キジバト、カツオドリ、ヒメウ、ウミウ、オオバン、イソシギ、ウミネコ、シロカモメ、セグロカモメ、オオセグロカモメ、ミサゴ、ノスリ、コゲラ、モズ、ハシブトガラス、ヤマガラ、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、メジロ、ミソサザイ、シロハラ、アカコッコ、ツグミ、コマドリ、ルリビタキ、ジョウビタキ、イソヒヨドリ、スズメ、セグロセキレイ、アトリ、マヒワ、ウソ、ホオジロ、アオジ、コジュケイ
posted by akakokko at 14:11| 野鳥リスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月22日

波ウォッチング

この時期は海が荒れる日が多くなり、船が欠航になることもしばしば。
荷物が届かない、島から出られない、島に帰れない等々
人々の生活を困らせる荒波ですが、
よく観察してみると、なかなかおもしろいものです。

s-DSC_2541.jpg
ドドドドドと恐ろしいほどの音がします
DSC_2573.JPG
爆発するような波
s-DSC_2612.jpg
クリームソーダのような青が美しい波

地形によってさまざまな形の波が現れます。
場所を移動しながら、いちばんかっこいい波、美しい波を探してみるのもいいかもしれません。

冬の三宅は風が強く、波が高く、夏に比べると厳しい気候になりますが、
あえてそれを楽しんでみるのもいいですね。(K)

※波は安全な所から観察してください







posted by akakokko at 17:40| 自然情報トピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月18日

豪快なダイブ

周りを海に囲まれた三宅島。
春から秋にかけてはダイビングする方の姿をよく目にします。
この季節はさすがにあまり目にしないのですが、
今日伊豆岬の調査中に、こんな生き物が豪快なダイブを見せてくれました。

20160118_00.jpg
カツオドリです

20160118_01.jpg
ホバリングしながら獲物を探し

20160118_02.jpg
一気に急降下

20160118_03.jpg
潜る瞬間、翼を閉じるのですね

20160118_04.jpg
バッシャ〜ン!

20160118_05.jpg
豪快な水しぶき

20160118_06.jpg
ダイブ中

20160118_07.jpg
出てきた出てきた

20160118_08.jpg
残念、狩りは失敗した様子

午後から土方海岸の海水魚調査。
海の中ではどんな場面に出会えるでしょうか(N)
posted by akakokko at 11:38| 自然情報トピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月17日

野鳥リスト(2017年1月11日〜2017年1月16日)

雪やヒョウが降るなど悪天候が続き、鳥たちも少し静かでしたが
観察コーナーではアカコッコ館周辺ではシロハラやルリビタキがよく見られました。

◎2017年1月11日〜2017年1月16日に三宅島および近海で確認した野鳥(29種)
コガモ、カイツブリ、カラスバト、キジバト、ウミウ、オオバン、ウミネコ、ノスリ、コゲラ、モズ、ハシブトガラス、ヤマガラ、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、メジロ、ミソサザイ、シロハラ、アカコッコ、コマドリ、ルリビタキ、ジョウビタキ、イソヒヨドリ、スズメ、アトリ、マヒワ、ウソ、ホオジロ、クロジ
posted by akakokko at 17:06| 野鳥リスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月15日

長太郎池調査を実施しました

tomonokai.jpg

三宅島自然ふれあい友の会と共同で長太郎池の海水魚調査を実施しました。
昨日今日とヒョウやあられが降るなど寒い日でしたが、
海の中は約20℃と暖かでした。
3人で1時間ほど調査し、確認できた海水魚は36種+不明種2。
この時期としては比較的多い海水魚を確認できました。

12月も同じく36種でしたが、
今月はカラフルな魚が多く確認され、先月よりも少し華やかな印象です。

miyakokisen_yg.jpg
ミヤコキセンスズメダイ(幼魚柄)
暖かな海で生まれ、黒潮とともに三宅島にやってくるミヤコキセンスズメダイ。
水温の下がる冬には消えてしまいますが、今回は2匹確認できました。

miyakokisen_ad.jpg
ミヤコキセンスズメダイ(成魚柄)

nezu.jpg
ネズスズメダイ。これも暖かな海で生まれ、三宅島にやってくる海水魚です。

tyouhan.jpg
チョウハンの幼魚。これも暖かな海生まれです。

南国生まれのこれらの海水魚に来月にも出会えることを期待したいです。(N)

hyoumon.jpg
猛毒をもつヒョウモンダコにも出会いました。

今日見られた海水魚36種 +不明種2
ウツボ、トラウツボ、アカエソ、ノコギリヨウジ、ボラ、イソカサゴ、ホウライヒメジ、ミナミハタンポ、チョウチョウウオ、チョウハン、フウライチョウチョウウオ、タカノハダイ、イワサキスズメダイ、オヤビッチャ、ハクセンスズメダイ、ミヤコキセンスズメダイ、セダカスズメダイ、ネズスズメダイ、カゴカキダイ、クロメジナ、アカササノハベラ、カミナリベラ、アカオビベラ、ニシキベラ、ヤマブキベラ、コガシラベラ、本ベラ、カンムリベラ、ブダイ、ヘビギンポ、ミヤケヘビギンポ、クロマスク、ツルウバウオ、クツワハゼ、フトスジイレズミハゼ、シマハギ
posted by akakokko at 16:52| 自然情報トピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月13日

ヒマワリ食堂の新たな常連さん

アカコッコ館では冬季に限り、野鳥のためのエサ(ヒマワリの種)を
置いています。

ヒマワリの種に集まってくるのは、
100%といってよいほどオーストンヤマガラで、
他にはシジュウカラがごくまれにやってくるくらいです。

ところが1月に入り、新しい常連が誕生しました。

akakokko.jpg
アカコッコです。
地面にこぼれ落ちたヒマワリを食べている様子。

今まで、ヒマワリの種を食べているところを見た事がなく、
全くお口に合わないのかなと思っていましたが、
頻繁に現れては食べています。

福島市にある福島小鳥の森のブログを拝見すると
アカコッコに近い仲間のシロハラは食べているようです。
ただ、自分では殻を割れない様子とのこと。
さらに、小鳥の森のレンジャーさんに聞いてみると
時々食べにくるとのことでした。

アカコッコもどうも自分では割れないらしく、
殻の割れた実だけをつまんで食べているようです。

himawari.jpg
赤丸の付いてあるのが殻の割れたヒマワリの種

今年のヒマワリの種は昨年までと比べ、少し小粒で、
そのせいか殻も脆く、むき出しになった実がたくさんあるからかもしれません。

ただ、オレンジと緑の足環をつけたアカコッコだけが食べており
最近よく見るシロハラやほかのアカコッコが食べている様子はありません。
今後、彼らも常連になるのか、少し注目してみたいと思います。

教えてくださった小鳥の森のレンジャーさんありがとうございました(N)
福島市小鳥の森HP
http://f-kotorinomori.org/
福島市小鳥の森ブログ
http://fkotorinomori.jugem.jp/
posted by akakokko at 13:44| 自然情報トピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月11日

野鳥リスト(2016年12月27日〜2017年1月10日)

アカコッコ館の観察コーナーではウソやマヒワなどアトリの仲間がよく見られています。

uso.jpg

mahiwa.jpg

◎2016年12月27日〜2017年1月10日に三宅島および近海で確認した野鳥(33種)
オシドリ、キンクロハジロ、カイツブリ、カラスバト、キジバト、ウミウ、オオバン、ウミネコ、オオセグロカモメ、ノスリ、カワセミ、コゲラ、ハシブトガラス、ヤマガラ、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、メジロ、ミソサザイ、シロハラ、アカコッコ、コマドリ、ジョウビタキ、イソヒヨドリ、スズメ、キセキレイ、アトリ、マヒワ、ウソ、ホオジロ、アオジ、クロジ、コジュケイ
posted by akakokko at 13:50| 野鳥リスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月05日

冬は海鳥観察もおススメです

新年あけましておめでとうございます。
アカコッコ館は昨日より開館し、皆さまのご来館をお待ちしております。

IMGP2615.jpg
伊ヶ谷港から見た富士山とウミネコ。

さて、島内ではアカコッコやオーストンヤマガラ、モスケミソサザイなどの
三宅島ならではの野鳥のほか
ノスリやオオタカ、ハヤブサなどの猛禽類や冬の小鳥も見られています。
そのほか、この時期のおススメは海鳥の観察です。

IMGP2833.jpg
コアホウドリ。

島内から見られる海鳥はウミネコ、オオセグロカモメ、セグロカモメ、ウミウ、ヒメウあたりですが少し島を離れるとさまざまな種が増えてきます。

昨年末、三宅島から東京までの船に2回乗りましたが、
60〜80羽ほどのコアホウドリを筆頭に
アホウドリやクロアシアホウドリ、トウゾクカモメ、ミツユビカモメなどの野鳥のほかクジラの観察を楽しむことができました。

甲板は寒いです。暖かい恰好でお楽しみください。
では今年もよろしくお願いいたします。(N)
posted by akakokko at 16:45| 自然情報トピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月28日

野鳥リスト(2016年12月20日〜12月26日)

◎2016年12月20日〜12月26日に三宅島および近海で確認した野鳥(42種)
コガモ、カイツブリ、キジバト、アオバト、ヒメウ、ウミウ、オオバン、ウミネコ、セグロカモメ、オオセグロカモメ、ミサゴ、オオタカ、ノスリ、カワセミ、コゲラ、チョウゲンボウ、ハヤブサ、モズ、ハシブトガラス、ヤマガラ、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、メジロ、ミソサザイ、アカコッコ、コマドリ、ルリビタキ、イソヒヨドリ、スズメ、ハクセキレイ、キセキレイ、タヒバリ、アトリ、カワラヒワ、マヒワ、ウソ、シメ、ホオジロ、アオジ、クロジ、コジュケイ

今年のブログ更新はこれが最後です。
一年間ありがとうございました。
来年もアカコッコ館をどうぞよろしくお願いいたします。
★アカコッコ館は12月29日〜1月4日までの間、閉館となります
posted by akakokko at 12:31| 野鳥リスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月20日

野鳥リスト(2016年12月13日〜12月19日)

マヒワやルリビタキ、クロジなどの冬の小鳥たちがやってきました。

IMGP1865.jpg
マヒワ

IMGP2127.jpg
ルリビタキ

◎2016年12月13日〜12月19日に三宅島および近海で確認した野鳥(41種)
マガモ、コガモ、スズガモ、カイツブリ、キジバト、ウミウ、バン、オオバン、ウミネコ、セグロカモメ、オオセグロカモメ、ミサゴ、トビ、オオタカ、ノスリ、カワセミ、コゲラ、チョウゲンボウ、ハヤブサ、モズ、ハシブトガラス、ヤマガラ、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、メジロ、ミソサザイ、アカコッコ、ツグミ、コマドリ、ルリビタキ、イソヒヨドリ、スズメ、キセキレイ、アトリ、カワラヒワ、マヒワ、ウソ、ホオジロ、アオジ、クロジ
posted by akakokko at 10:11| 野鳥リスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする