2018年12月16日

野鳥リスト(2018年12月9日〜15日)

気温10度。三宅島も寒くなってきました。
タネコマドリが元気に水浴びにやってきました。まるでバレリーナが舞うように円を3回描きながらの水浴びで、見とれてしまいました。
次にシチトウメジロ2羽も元気に水浴びをしていきました。

◎2018年12月9日〜15日に三宅島および近海で確認した野鳥(43種)
マガン、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、ハシビロガモ、カイツブリ、カラスバト、キジバト、カツオドリ、ヒメウ、ウミウ、クロサギ、バン、オオバン、イソシギ、ウミネコ、ミサゴ、トビ、ハイタカ、ノスリ、オオコノハズク、カワセミ、コゲラ、モズ、ハシブトガラス、ヤマガラ、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、メジロ、ミソサザイ、アカコッコ、コマドリ、ジョウビタキ、イソヒヨドリ、キセキレイ、ハクセキレイ、タヒバリ、カワラヒワ、ホオジロ、カシラダカ、アオジ、クロジ
posted by akakokko at 10:15| 野鳥リスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月13日

今年もびっしりと……。

PC131420.jpg

アカコッコ館玄関前のスダジイ。
樹齢100年を超える大きな木です。

PC131418.jpg
今年の冬、この木の根元にはオレンジ色の小さな幼虫がびっしりです。

一見、綺麗な幼虫なのですが、三宅島の生きものにとって
やっかいな存在です。

この幼虫はこのまま地面に潜り、
春になると成虫となってスダジイの花芽に卵を産み付けます。

卵を産み付けられたスダジイは実(ドングリ)を作ることができずに
虫こぶとなってしまいます。

PC011400.jpg
虫こぶとなったドングリ。

実は、伊豆諸島南部を中心にもう何年も大発生しており、
島の人もドングリが全然見当たらないと不思議だったようです。

スダジイにとってドングリが作れなくなるということは
次世代を残せなくなるという事。
このまま続くと、100年後、200年後の森に影響があるかもしれません。

また、オーストンヤマガラなどの野鳥にとっても
このドングリは貴重な冬場の食料。
きっとお腹を空かせているに違いありません。

早く、この幼虫の大発生が収束してくれればよいのですが。(N)
posted by akakokko at 12:55| 自然情報トピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月09日

野鳥リスト(2018年12月2日〜12月8日)

三宅島近海でカツオドリやクロアシアホウドリなどの海鳥が確認されています。

◎2018年12月2日〜12月8日に三宅島および近海で確認した野鳥(39種)
マガン、ヒドリガモ、カルガモ、カイツブリ、カラスバト、キジバト、クロアシアホウドリ、カツオドリ、ウミウ、クロサギ、オオバン、ミサゴ、トビ、ハイタカ、オオタカ、ノスリ、カワセミ、コゲラ、モズ、ハシブトガラス、ヤマガラ、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、ヤブサメ、メジロ、ミソサザイ、アカコッコ、コマドリ、ジョウビタキ、イソヒヨドリ、スズメ、キセキレイ、ハクセキレイ、タヒバリ、カワラヒワ、ホオジロ、アオジ、クロジ

IMG_9420.JPG
posted by akakokko at 10:44| 野鳥リスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月08日

野鳥の巣箱作りとアカコッコのあみぐるみ講座のお知らせ

アカコッコ館ではこの冬、室内でも野鳥に親しめる講座を
充実させています。

先日の富士鷹なすびさんのイラスト講座に続き
12月23日(日)と1月13日(日)には野鳥の巣箱づくり、
1月27日(日)にはかぎ針編みでつくるアカコッコのあみぐるみ講座。

subako2018.jpg

野鳥の巣箱作り〜詳細〜

ノコギリとかなづちを使って、木材から野鳥の巣箱をつくります!
作った巣箱は持ち帰ることができます。
【開催日】12月23日(日)・1月13日(日) 13:00〜16:30
【場所】アカコッコ館  
【参加費】無料
【定 員】各回15名 (小学生以下のお子様は大人とご参加ください)
【申込み〆切】各回2日前まで
【持ち物】動きやすい服装、飲み物、軍手、あればノコギリ

amimono2018.jpg

アカコッコのあみぐるみ講座〜詳細〜

かぎ針編みで毛糸を編んでかわいいアカコッコを作りませんか。
かぎ針編み経験者はもちろん、
初めての方でもアカコッコを作ることができるよう
2コースを設けています。
またちいさなお子さまでも楽しめる別コースも用意しています。
【開催日】1月27日(日) 14:00〜16:00
【場所】アカコッコ館  
【参加費】無料
【定 員】10名 (ちいさなお子さまを除いた人数)
【申込み〆切】1月25日
【持ち物】特になし(毛糸、かぎ針等はこちらで用意します)


いずれも、申し込みが必要ですので
気になる方は早めにお申込みくださ〜い。
たくさんのご参加お待ちしております(N)
posted by akakokko at 12:33| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月06日

富士鷹なすびさんのイラスト講座を開催しました

P1090321.jpg

12月2日、神着老人福祉館とアカコッコ館で
野鳥漫画家の富士鷹なすびさんによる
野鳥イラスト講座を開催しました。

P1090377.jpg
なすびさんによるイラストレクチャーの後は
みなさん、思い思いに野鳥のイラストを楽しんで描かれていました。

P1090332.jpg

P1090389.jpg
講座の最後にはレンジャーからも普段実施している
アカコッコ保護活動のお話をしました。

P1090353.jpg

P1090398.jpg
たくさんのアカコッコが描けました。
なすびさんを囲んで一緒に記念撮影。
いい思い出ができましたね。

P1090394.jpg
なすびさんの面白イラスト原画を鑑賞中。

じっくり写真を見て描くことで、体の作りなど知らなかった事を
発見できた方もいるのではないでしょうか

この冬は他にも野鳥の巣箱作りやアカコッコのあみぐるみ講座など
野鳥のクラフト講座が盛りだくさん。
これからも野鳥に親しんでもらえると嬉しいです(N)
posted by akakokko at 09:45| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月05日

所変わればその2

以前、本州ではいつもいる鳥(留鳥)が
三宅島では季節限定の鳥(渡り鳥)というお話を書きました。
参考:所変われば

IMGP0870.jpg
今度は逆のお話し。
本州などでは渡り鳥ですが、三宅島では1年を通じて生活している野鳥もいます。
例えばこのコマドリ。(亜種タネコマドリ)

この季節、比較的よくさえずり、島外から来たバードウォッチャーは
びっくりするようです。
こんな季節にコマドリがいるのにもびっくり。さらにさえずっているの?と。
でも、どうやらこれが三宅島の普通のようです。

IMGP0746.jpg
春に比べると穏やかな調子のヒンカララー♪ですが、
チっチチチン♪という地鳴きもヒントに
探してみてはいかがでしょう。

大路池や高校裏、南戸林道あたりがオススメです。(N)
posted by akakokko at 14:45| 自然情報トピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月02日

野鳥リスト(2018年11月25日〜12月1日)

風のあまり当たらない林の道を歩いていると、野鳥たちの声がにぎやかに聞こえてくることがあります。足を止めて観察すると、シチトウメジロ、ミヤケコゲラ、シジュウカラ、オーストンヤマガラが一つの群れを作って木の実を食べています。野鳥たちの冬の行動は興味深いですね。

◎2018年11月25日〜12月1日に三宅島および近海で確認した野鳥(40種)
マガン、オシドリ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、コガモ、キンクロハジロ、カイツブリ、カラスバト、キジバト、カツオドリ、ウミウ、クロサギ、バン、オオバン、イソシギ、トビ、ハイタカ、ノスリ、アオバズク、カワセミ、コゲラ、モズ、ハシブトガラス、ヤマガラ、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、メジロ、ミソサザイ、アカコッコ、コマドリ、イソヒヨドリ、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、タヒバリ、ホオジロ、ミヤマホオジロ、アオジ
posted by akakokko at 09:41| 野鳥リスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月29日

2017年度アカコッコ館 研究・事業報告書(Miyakensis)を発行しました。

miyakensis21_01.jpg

「Miyakensis(ミヤケンシス)」は、研究者や学生、一般の方などだれでも
気軽に研究報告ができる場として開館当初から発行されてきました。
アカコッコ館の調査や普及活動の報告も収録しています。
三宅島をもっと知りたい人へおすすめの一冊です。
こちらから目次をご覧になれます。
↓↓↓
miyakensis21mokuji.pdf
ご希望の方に無料配布を行っています。
※郵送の場合、送料を実費にてご負担お願いいたします※

またPDFでの配布も行っていますので
ご希望の方はmiyakejima@wbsj.org宛に
その旨お知らせください。
posted by akakokko at 10:39| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月25日

野鳥リスト(2018年11月18日〜24日)

大路池のオオバンが100羽を超えました。
ほかにもカモやマガン、カワセミなども見られています。
アカコッコ館では双眼鏡の貸し出しも行っていますので、
大路池を散策される際は、ぜひお立ち寄りください。

◎2018年11月18日〜24日に三宅島および近海で確認した野鳥(43種)
マガン、オシドリ、マガモ、カルガモ、コガモ、カイツブリ、カラスバト、キジバト、クロアシアホウドリ、オオミズナギドリ、ウミウ、ダイサギ、クロサギ、バン、オオバン、ヤマシギ、イソシギ、ミサゴ、ハイタカ、オオタカ、ノスリ、オオコノハズク、カワセミ、コゲラ、ハヤブサ、モズ、ハシブトガラス、ヤマガラ、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、メジロ、ミソサザイ、コマドリ、イソヒヨドリ、スズメ、キセキレイ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、タヒバリ、ホオジロ、アオジ、コジュケイ

s_IMG_8834.JPG
posted by akakokko at 11:12| 野鳥リスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月18日

野鳥リスト(2018年11月11日〜17日)

オオバンが大路池に渡ってきて日増しに数を増やしています。11月15日には91羽確認されています。行動を観察していると、のんびりしていたり、潜ったり、水草の取り合いでけんかをしていたり、キョーン!キョーン!とけたたましい声も聞こえてきます。北側桟橋で観察してみましょう。

◎2018年11月11日〜17日に三宅島および近海で確認した野鳥(40種)
マガン、マガモ、カルガモ、コガモ、カイツブリ、カラスバト、キジバト、オオミズナギドリ、バン、オオバン、ミサゴ、トビ、ハイタカ、オオタカ、ノスリ、コゲラ、モズ、ハシブトガラス、ヤマガラ、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、ヤブサメ、メジロ、ミソサザイ、ムクドリ、アカコッコ、コマドリ、ジョウビタキ、イソヒヨドリ、スズメ、キセキレイ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、タヒバリ、アトリ、ホオジロ、アオジ、クロジ、コジュケイ
posted by akakokko at 10:17| 野鳥リスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする