2018年06月21日

野鳥リスト(2018年6月20日)

◎2018年6月20日に三宅島および近海で確認した野鳥(19種)
キジバト、ホトトギス、アマツバメ、コゲラ、ハシブトガラス、ヤマガラ、ツバメ、ヒヨドリ、ウグイス、イイジマムシクイ、メジロ、ミソサザイ、アカコッコ、コマドリ、イソヒヨドリ、スズメ、カワラヒワ、ホオジロ、コジュケイ
posted by akakokko at 09:51| 野鳥リスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月20日

このキジはどこから?

20180616.jpg

先週末、新澪池跡付近でキジのつがいを見かけました。
国鳥でもあるキジですが、三宅島では実は外来種。

1959年2月に20羽ほど入れたという記録が残っています。
しかし記録にあるのは、胸やお腹が茶色で首に白い線のあるコウライキジ

三宅島で見られるキジは胸やお腹が緑色のいわゆる日本キジ

間違って記録されたものなのか、
コウライキジとは別に入ったものなのかは不明です。
しかしコウライキジを三宅で見たことがないため、
記録する際に間違ったのかもしれませんね。

さてこのキジ、近年ずいぶん減ったと島の方より言われます。
イタチ?野良猫?それともほかの要因?
三宅島の地区によっても差があるのか少し気になるところです。(N)
posted by akakokko at 16:14| 自然情報トピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

野鳥リスト(2018年6月19日)

◎2018年6月19日に三宅島および近海で確認した野鳥(19種)
カラスバト、キジバト、ホトトギス、アマツバメ、コゲラ、モズ、ハシブトガラス、ヤマガラ、ツバメ、ヒヨドリ、ウグイス、イイジマムシクイ、メジロ、ウチヤマセンニュウ、ミソサザイ、アカコッコ、コマドリ、イソヒヨドリ、スズメ
posted by akakokko at 09:01| 野鳥リスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月19日

野鳥リスト(2018年6月17〜18日)

◎2018年6月17〜18日に三宅島および近海で確認した野鳥(22種)
キジバト、ホトトギス、アマツバメ、クロハラアジサシ、コゲラ、モズ、ハシブトガラス、ヤマガラ、ツバメ、ヒヨドリ、ウグイス、イイジマムシクイ、メジロ、ウチヤマセンニュウ、ミソサザイ、アカコッコ、コマドリ、イソヒヨドリ、スズメ、カワラヒワ、ホオジロ、コジュケイ
posted by akakokko at 09:04| 野鳥リスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月17日

野鳥リスト(2018年6月16日)

◎2018年6月16日に三宅島および近海で確認した野鳥(27種)
キジ、カラスバト、キジバト、オオミズナギドリ、ホトトギス、アマツバメ、ウミネコ、クロハラアジサシ、ミサゴ、コゲラ、モズ、ハシブトガラス、ヤマガラ、ツバメ、ヒヨドリ、ウグイス、イイジマムシクイ、メジロ、ウチヤマセンニュウ、ミソサザイ、アカコッコ、コマドリ、イソヒヨドリ、スズメ、カワラヒワ、ホオジロ、コジュケイ
posted by akakokko at 08:55| 野鳥リスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月16日

海のアカコッコ?ミヤケヘビギンポ観察会のご案内

アカコッコと言えば黒い顔に赤のお腹が印象的。
三宅島では海にも黒い顔、赤い体の生きものがいるのをご存知ですか?

miyakehebi.jpg

この正体はミヤケヘビギンポというお魚。
名前にミヤケと付くように三宅島と非常に縁の深いお魚です。

でもこのド派手な体の色は期間限定、気分限定の特別なもの。

だいたい春から初夏にかけての少し冷たい海のころ
彼らは繁殖期に入ります。

普段はと〜っても地味な色ですが、オスはこの時ばかりは
派手な色になってメスに求愛します。
(上部写真、右奥はメスですが普段のオスもこんな色)

夏になるとこの“婚姻色”はほとんど見られなくなります。

まだ夏気分!海気分!には少しばかり早いですが、
この“海のアカコッコ”ミヤケヘビギンポの観察を楽しんでみませんか?

ひざ下くらいの水深のところでも見られるので、
泳ぎに自信のない方でも楽しめますよ。

miyakehebi2018.jpg
アカコッコ館では6月24日にミヤケヘビギンポ観察会を開催。
ご参加お待ちしております(N)

hebi.jpg
こちらはヘビギンポ。普段は手前(メス)と同じような色ですが
真っ黒になって求愛。

kuro.jpg
こちらはクロマスクの婚姻色。同じく普段は地味な色。
これらミヤケヘビギンポの仲間たちの観察も楽しみます。
posted by akakokko at 14:05| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フェスティバルは終了しましたが。

4月14日(土)から6月10日(日)までの約2ヶ月間実施した
「三宅島バードアイランドフエスティバル」たくさんのお客様に
ご利用いただきありがとうございました!

フェスティバルは終了しましたが、
三宅島の野鳥はまだまだ本番中。

IMGP8086.jpg

期間中、例年より少なかったカラスバトですが、
これからの時期は好物のタブの実が熟し、
それを求めて出てくるので見やすくなることでしょう。

また、さまざまな野鳥の幼鳥もよく見られており、
まだあどけないしぐさを楽しむにも良い時期です。

ひきつづき“バードアイランド三宅島”の野鳥をお楽しみください!(N)
posted by akakokko at 10:22| 自然情報トピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

野鳥リスト(2018年6月15日)

◎2018年6月15日に三宅島および近海で確認した野鳥(23種)
カラスバト、キジバト、アオサギ、ホトトギス、アマツバメ、コゲラ、モズ、ハシブトガラス、ヤマガラ、ツバメ、ヒヨドリ、ウグイス、イイジマムシクイ、メジロ、ウチヤマセンニュウ、ミソサザイ、アカコッコ、コマドリ、イソヒヨドリ、スズメ、カワラヒワ、ホオジロ、コジュケイ
posted by akakokko at 09:37| 野鳥リスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月15日

野鳥リスト(2018年6月14日)

◎2018年6月14日に三宅島および近海で確認した野鳥(26種)
カラスバト、キジバト、オオミズナギドリ、ホトトギス、アマツバメ、ウミネコ、アオバズク、コゲラ、モズ、ハシブトガラス、ヤマガラ、シジュウカラ、ツバメ、ヒヨドリ、ウグイス、イイジマムシクイ、メジロ、ウチヤマセンニュウ、ミソサザイ、アカコッコ、コマドリ、イソヒヨドリ、スズメ、カワラヒワ、ホオジロ、コジュケイ
posted by akakokko at 10:52| 野鳥リスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月14日

カンムリウミスズメチャリティコンサート大盛況でした

P1080936.jpg


6月9日、三宅島文化会館リスタホールにて
カンムリウミスズメチャリティコンサートを開催しました。

沖合で生活するため、その存在について知る機会の殆んどない
カンムリウミスズメをコンサート形式で楽しみながら、
たくさんの人に知ってもらおうと企画したものです。

P1090013.jpg
このコンサートにはオカリナ奏者の善久さん、
ピアノ奏者の本橋マユミさんをはじめ
善久オカリナ合奏団51名!の皆さまに参加いただきました。

会場には島内の方を中心に90名を超える方が来場。

P1080915.jpg
三宅村櫻田村長のご挨拶

P1080928.jpg

P1080971.jpg

演奏の合間にはカンムリウミスズメの生態や置かれている状況
日本野鳥の会で実施している保護活動。
また、三宅島とカンムリウミスズメの関わりなどを話ました。

P1090047.jpg
三宅島でのカンムリウミスズメの繁殖地である「三本岳」
それをはじめさまざまな三宅島の魅力を歌った曲を
皆で一緒に歌い、コンサートは終了しました。

カンムリウミスズメの魅力やその置かれている状況、
保護の取り組みなど多くの方に知ってもらえる良い機会になりました。
たくさんのご来場ありがとうございました。(N)
posted by akakokko at 17:01| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする