2019年08月19日

泥棒の足跡

大路池へ向かう森の中で、こんな植物が花を咲かせていました。

s_IMG_8932.JPG

この花の名前は、ヌスビトハギ(盗人萩)
ピンクのかわいらしい花を咲かせているこの植物がどうして泥棒なのでしょう。
名前の由来はこの実が関係しています。

s_IMG_8937.JPG

この実の形が、足袋を履き、つま先立ちして歩く昔の泥棒の足跡に似ているという話や、
毛の生えたこの実は服にそっとひっつくことから、目星をつけた人の後をそっとついていく泥棒に例えてこの名前がついたと言われています。

私にはチョウやメガネの形に似ているとしか思えませんが、
そんな名前が思いつく、昔の人の想像力には驚きですね。

あなたならこの形から何を想像しますか。(S)
posted by akakokko at 16:30| 自然情報トピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月18日

野鳥リスト(2019年8月11〜17日)

◎2019年8月11〜17日に三宅島および近海で確認した野鳥(28種)
カラスバト、キジバト、オオミズナギドリ、ウミウ、ホトトギス、アマツバメ、タカブシギ、キアシシギ、イソシギ、アオバズク、コゲラ、ハシブトガラス、ヤマガラ、シジュウカラ、ツバメ、ヒヨドリ、ウグイス、イイジマムシクイ、メジロ、ウチヤマセンニュウ、ミソサザイ、アカコッコ、コマドリ、イソヒヨドリ、スズメ、カワラヒワ、ホオジロ、コジュケイ
posted by akakokko at 09:25| 野鳥リスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月12日

イベント報告「夜の森観察会」

8月10日に夜の森観察会を行いました。
日がすっかり落ちたアカコッコ館の周りは、ライトが無いと真っ暗です。
しかし、木や植物などをライトで照らしてみると、様々な生きものが見つかります。

s_IMGP7108.JPG

葉っぱの上には、トゲナナフシがいました。
動かないと木の枝そっくりですが、一度見つけると参加者も目が慣れたのか、次から次へと見つけ、やがて「またトゲナナフシかぁ」という声が聞こえてきました。

森の中を進んでいくと、羽化したばかりのセミの成虫が。
体は抜け殻から全て出ていますが、まだまだ白く艶やかな姿をしています。初めて見たという人も多く、すぐに撮影会が始まりました。

s_IMGP7132.JPG

他にもキノコを食べているヤマナメクジや草の茎そっくりなトビナナフシなどが見つかりました。
真っ暗な森の中ですが、様々な生きものたちが活動していることを知ってもらうことができました。

その後、大路池に移動し星空観察です。
やや雲がありましたが、木星や夏の大三角形、カシオペア座などを観察し、星空を満喫しました。

s_IMGP7152.JPG

夜ならではの体験ができるこのイベント、次回は17日に実施予定です。
定員に少々空きがありますので、参加希望の方はお早めに!(S)
posted by akakokko at 12:40| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月11日

野鳥リスト(2019年8月4日〜8月10日)

◎2019年8月4日〜8月10日に三宅島および近海で確認した野鳥(27種)
カラスバト、キジバト、オオミズナギドリ、クロサギ、ホトトギス、アマツバメ、キアシシギ、イソシギ、アオバズク、コゲラ、モズ、ハシブトガラス、ヤマガラ、シジュウカラ、ツバメ、ヒヨドリ、ウグイス、イイジマムシクイ、メジロ、ミソサザイ、アカコッコ、コマドリ、イソヒヨドリ、スズメ、カワラヒワ、ホオジロ、コジュケイ
posted by akakokko at 12:35| 野鳥リスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月06日

ひさびさの出会い

先日、海岸を歩いていると茂みの方から
ガサガサと音がしてきました。

P8020445.jpg

おや?と音のする方を見てみると
そこには1匹のトカゲ。
伊豆半島と伊豆諸島のみに生息するオカダトカゲです。

現在、三宅島には人によって持ち込まれたヒバカリというヘビが生息していますが、自然分布の爬虫類としてはこのオカダトカゲが唯一の種です。

「かまじっこ」という愛称で呼ばれ、昔は沢山生息していたようです。

しかし、1982年ころに行われたイタチの放獣によってほとんど姿を消してしまいました。
またオカダトカゲの減少によって、それをエサに子育てをしていたタカの仲間「サシバ」も姿を消しました。

今回のひさびさの出会い。以前のようにいつでも沢山見られるようになってもらいたいですね(N)


posted by akakokko at 14:24| 自然情報トピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月04日

野鳥リスト(2019年7月28日〜8月3日)

◎2019年7月28日〜8月3日に三宅島および近海で確認した野鳥(27種)
カラスバト、キジバト、ホトトギス、アマツバメ、キアシシギ、イソシギ、トビ、アオバズク、コゲラ、モズ、ハシブトガラス、ヤマガラ、シジュウカラ、ツバメ、ヒヨドリ、ウグイス、イイジマムシクイ、メジロ、ウチヤマセンニュウ、ミソサザイ、アカコッコ、コマドリ、イソヒヨドリ、スズメ、キセキレイ、カワラヒワ、ホオジロ、コジュケイ
posted by akakokko at 09:13| 野鳥リスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月01日

夏休み期間中は毎日開館しています。

アカコッコ館は夏休み期間中、通常休みの月曜日も開館しています。

館内ではクイズ形式で楽しみながら三宅島の自然を学べるクイズラリーや三宅島の自然を紹介する映像などを用意しています。
P8010368.jpg

P8010371.jpg

P8010367.jpg



P8010373.jpg
さらにアカコッコやカンムリウミスズメになれるグッズも!

P8010366.jpg
エアコンのなかったアカコッコ館にも先日、ついに設置されました。
涼しい館内で野鳥観察を楽しめます。

三宅島の自然を丸ごと紹介しているアカコッコ館にぜひ足をお運びください。
皆様のご来館をお待ちしております。(N)


posted by akakokko at 15:37| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月28日

野鳥リスト(2019年7月21〜27日)

◎2019年7月21〜27日に三宅島および近海で確認した野鳥(28種)
カラスバト、キジバト、オオミズナギドリ、ホトトギス、アマツバメ、キアシシギ、イソシギ、ウミネコ、ミサゴ、トビ、コゲラ、ハシブトガラス、ヤマガラ、シジュウカラ、ツバメ、ヒヨドリ、ウグイス、イイジマムシクイ、メジロ、ウチヤマセンニュウ、ミソサザイ、アカコッコ、コマドリ、イソヒヨドリ、スズメ、カワラヒワ、ホオジロ、コジュケイ
posted by akakokko at 09:29| 野鳥リスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月26日

夜の森の生きものたち

日中、セミの鳴き声で賑わう森の中ですが、日が暮れると昼とは違う生きものたちが活動を始めます。

アカコッコ館の周りでは、そんな生きものたちを見ることができます。
建物や草木の間を注意して見ると、コガネグモなどのクモが見つかりました。
P1090745.JPG

足元の草の上を注意深く探してみると、木の枝そっくりなトゲナナフシや
P1090767.JPG

小さなヒナカマキリの姿が。
P1090746.JPG

森の奥の方では、アオバズクの「ホホッ、ホホッ…」という鳴き声が響き渡り、
木々の間からは満天の星空が広がっていました。

アカコッコ館では、8月10日(土)、17日(土)に「夜の森ウォッチング」を開催します。普段目にすることができない、夜の森に活動する生きものたちを一緒に観察しませんか。(S)
yorunomori2019.jpg
posted by akakokko at 15:54| 自然情報トピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月22日

ぞくぞくとやって来ました。

暑い日が続きます。そんな時は海が一番ですね。
三宅島でも安全な海水浴を楽しめるように
各海水浴場にライフガードの方が来てくれています。

さて、海の中では南の海生まれて、
黒潮に乗ってやってきた熱帯魚の赤ちゃん(季節来遊漁)が
ぞくぞくやってきています。

釜方海岸の潮だまりでは……

P7140823.jpg

P7140829.jpg
オキナワスズメダイやネズスズメダイ。

P7140819.jpg

P7140801.jpg
カガミチョウチョウウオにチョウハン


P7140812.jpg
アカハチハゼなど。


長太郎池では……

季節来遊魚ではありませんが、
アカコッコ館で行っている調査では初記録となるメガネゴンベや噴火以降では初となるミツボシクロスズメダイなども観察できています。

P7160903.jpg

P7160954.jpg


アカコッコ館では夏休みシーズンに合わせて海のイベント盛りだくさん。
この機会に海水魚や海の生き物をじっくり観察してみませんか。(N)

釜方海岸磯遊び・・・ヤドカリやカニを中心に海の生き物観察を行います。(要予約)
isoasobi2019.jpg

長太郎池おさかな教室・・・予約不要。開催時間中、いつでもお越しください。
osakana2019.jpg







posted by akakokko at 16:19| 自然情報トピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする